最年少オスカー候補の9歳少女に芦田愛菜ちゃん「日本楽しんで」と英語で挨拶

最新ニュース

『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』イベント舞台挨拶(クヮヴェンジャネ・ウォレス、芦田愛菜)
  • 『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』イベント舞台挨拶(クヮヴェンジャネ・ウォレス、芦田愛菜)
  • 『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』イベント舞台挨拶(クヮヴェンジャネ・ウォレス、芦田愛菜)
  • 『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』イベント舞台挨拶(芦田愛菜)
  • 『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』イベント舞台挨拶(クヮヴェンジャネ・ウォレス)
本年度アカデミー賞主演女優賞に史上最年少でノミネートを果たしたクヮヴェンジャネ・ウォレスが来日。3月27日(水)に都内で開催された『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』の舞台挨拶に登壇し、ゲストとして日本の人気子役・芦田愛菜ちゃんも出席した。

主演女優賞を含む4部門でアカデミー賞候補となった本作。街から隔絶された“バスタブ”と呼ばれる地で父親と暮らす6歳の少女・ハッシュパピーが、100年に1度の大嵐や病に冒されて余命いくばくもない父親など次々と直面する困難に果敢に立ち向かうさまをエネルギッシュに描き出す。

映画を見終わったばかりの観客の拍手に迎えられたクヮヴェンジャネはiPhoneの画面をのぞきつつ「コンニチハ! クヮヴェンジャネ・ウォレスです。今日はありがとう」と覚えたての日本語で挨拶。アカデミー賞を始め、これまでの授賞式と同様に、この日もお気に入りだという子犬をかたどったバッグを下げていた。ちなみに彼女が持っている子犬のバッグは「30個以上」におよぶとか!

9歳でのアカデミー賞主演女優賞ノミネート(※撮影時は6歳)は史上最年少として大いに注目を集めた。だが当人は「アカデミー賞がどんなものなのか知らなかった」とか。「いろんな人に会ったけど『オスカーって誰? いつ紹介されるんだろう?』って思ってたの。そうしたらあの金色の像がオスカーなんだって教えられたわ(笑)。いまでは『黄金の人(ゴールドマン)』って呼んでるのよ」と明かした。

愛菜ちゃんはクヮヴェンジャネに花束を贈呈。クヮヴェンジャネの方は1歳年下の愛菜ちゃんに「毎日せずにはいられないハマっている遊びは何かある?」と質問。愛菜ちゃんが「学校でお友達と毎日、なわとびと鬼ごっこしてます」と教えると「私も好き! 学校で遊んでるわ」と満面の笑みを浮かべていた。

また愛菜ちゃんはクヮヴェンジャネに特製のハッピをプレゼント。早速、ハッピを身に着けたクヮヴェンジャネは「気にいった?」と尋ねられると「気にいったんじゃなくて愛してるわ!」とニッコリ。さらに愛菜ちゃんが「いまの時期は桜がきれいです。日本を楽しんで!」と英語でクヮヴェンジャネに話しかけると「Wow!!」を連発し驚いていた。

『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』は4月20日(土)より公開。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top