綾野剛が語る「真剣勝負」! 『シャニダールの花』に咲く男たちの感性に注目

最新ニュース

綾野剛/『シャニダールの花』 -(C) 2012「シャニダールの花」製作委員会
  • 綾野剛/『シャニダールの花』 -(C) 2012「シャニダールの花」製作委員会
  • 『シャニダールの花』 -(C) 2012「シャニダールの花」製作委員会
  • 綾野剛/『シャニダールの花』 -(C) 2012「シャニダールの花」製作委員会
  • 『シャニダールの花』 -(C) 2012「シャニダールの花」製作委員会
  • 『シャニダールの花』 -(C) 2012「シャニダールの花」製作委員会
  • 『シャニダールの花』 -(C) 2012「シャニダールの花」製作委員会
  • 『シャニダールの花』 -(C) 2012「シャニダールの花」製作委員会
  • 『シャニダールの花』 -(C) 2012「シャニダールの花」製作委員会
人気絶頂の綾野剛と若手実力派No.1の呼び声高い黒木華の共演、さらに鬼才・石井岳龍監督の最新作として話題の映画『シャニダールの花』。本作の最重要アイテムであり、タイトルともなっている“シャニダールの花”に隠された秘話を紐解く綾野さんらのコメントが到着した。

極少数の限られた女性の胸にだけ咲く、見たこともない世にも美しい花“シャニダールの花”を研究する植物学者の大瀧(綾野剛)とセラピストの響子(黒木華)。彼らの使命は、提供者の胸に芽吹いた花を育て、一番美しい形で採取させることだったが、採取の際に提供者の女性が謎の死を遂げる事件が相次ぎ、大瀧は研究所に不信感を抱き始める。一方、響子はそれが危険な花だと知りながらも、その花の魅力にのめり込んで行く…。

この毒々しいまでに赤い“シャニダールの花”の成長と共に、次第に心惹かれ合っていく2人の姿を描いたラブストーリーだ。そんな本作で常にキーアイテムとして登場するこの花を始めとする、本作の美術を担当したのは、『シュアリー・サムデイ』『るろうに剣心』『プラチナデータ』など時代劇から近未来の世界まで見事な手腕で表現し、多くの映画監督たちから厚い信頼が寄せられる美術監督・橋本創。

“シャニダールの花”について橋本さんは「監督とお会いする前に台本を読んで、サボテンに咲く花の様に異物な感じが良いなと思い、多肉植物の花を中心に数パターンをデザインしました。その中で、年に一度だけ大ぶりの綺麗で妖しい花を咲かす“月下美人”をベースに描いた絵を見た監督が、『僕も月下美人をイメージしていた』と仰って、驚きと共にとても嬉しかったです」と語っている。

そんな橋本との仕事を、綾野さんは「真剣勝負」とふり返る。「橋本さんから役者に向かってくるパワーがものすごく強くて、毎回、『お前、オレの作った美術でどんな芝居するの?』って挑戦されているようでした。この作品を少しでも良くしたいという想いがひしひしと伝わってくる現場でした」と当時を語ってくれた。

この独自のセンスが爆発する2人の「真剣勝負」を、見事スクリーンに焼き付けた石井監督。やはり独特の緊張感が漂う現場だったようで、「綾野くんは、セットに入ると僕らが飾ったものを一通り手に取って役の生活をイメージしていきます。引き出しなんかも全部開けます。僕らは芝居で使わない引き出しなどは中身を入れないのですが、綾野くんは芝居に使える物はなんでも使っていくので気が抜けませんでした」。

さらに、石井監督は「花に狂わされた人たちの話といえるんですけど、その中で愛情のあり方・・・愛する、あるいは受け入れるのはどういうことなのかというテーマを、花と人間の関係にリンクさせたかったのかもしれません」と語る。

こうして、それぞれの感性がぶつかり合って生まれた映画『シャニダールの花』。ぜひ、スクリーンの中に咲く、その蠱惑的な赤い花に注目してみて。

『シャニダールの花』は7月20日(土)よりテアトル新宿ほか公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top