綾野剛の“診察”に伊藤歩「心をのぞかれたよう」、刈谷友衣子「照れました(笑)」

最新ニュース

綾野剛&刈谷友衣子&山下リオ&古舘寛治&伊藤歩&石井岳龍監督/『シャニダールの花』初日舞台挨拶
  • 綾野剛&刈谷友衣子&山下リオ&古舘寛治&伊藤歩&石井岳龍監督/『シャニダールの花』初日舞台挨拶
  • 綾野剛/『シャニダールの花』初日舞台挨拶
  • 綾野剛/『シャニダールの花』初日舞台挨拶
  • 綾野剛/『シャニダールの花』初日舞台挨拶
  • 伊藤歩/『シャニダールの花』初日舞台挨拶
  • 刈谷友衣子/『シャニダールの花』初日舞台挨拶
  • 山下リオ/『シャニダールの花』初日舞台挨拶
綾野剛・主演の『シャニダールの花』が7月20日(土)に公開を迎え、綾野さんを始め、刈谷友衣子、山下リオ、古舘寛治、伊藤歩、石井岳龍監督が都内劇場で行われた舞台挨拶に登壇した。

石井監督が長年、温めてきた企画を実現させたオリジナル脚本による意欲作。一部の限られた女性の胸にだけ花が咲くという不思議な世界を舞台に、この花を美しく咲かせる使命を負った研究員と女性たちの心のケアを担当する女性の愛を描き出す。

ついに公開を迎え、綾野さんは「感慨深いです。感謝の極みです」としみじみと語り、満員の客席に深々と頭を下げる。石井監督は常々、今回、本作のために集結した俳優陣を「理想のキャスト」と語っていたが、「(物語は)大ウソの話ですが、俳優の感情表現、存在感がこの世界をリアルで豊かにしてくれる。そのための“案内人”であり、重要でしたが、主演5人に恵まれて嬉しかったです」と改めて感謝の思いを口にした。

公開前の試写会でひと足早く映画を鑑賞した観客からは、女性の胸の花に触れ、診療する綾野さんの並々ならぬ“色気”を指摘する声が多数あったという。綾野さんは「いやらしい見方を…(笑)、そうですか?」と照れ笑いを浮かべ、「監督がそう撮ってくださっただけですよ。丁寧に大切に扱う、優しく触れるようにしました」とふり返る。

では、実際に綾野さんの診察を受けた女優陣の感想は…? 伊藤さんは「至近距離の診察で、近かったよね(笑)? 普通の内科とは違い、(胸の花に)生命があって、大切にしないと枯れてしまう。心がのぞかれているような気持ちで、(花に)触られるときも『そこは自分しか触ってないんだけど…』という気持ちでした」となんともエロティックな感想を漏らす。

刈谷さんも「近かったです! 体から生えているものだから…じっくり見られると照れました」と恥ずかしそうに述懐。山下さんも「一番、見られたくなかったです。(演じたミクは)コンプレックスを抱えているので、撮影中も『見ないで』という気持ちでした」と明かす。

綾野さんはこれを、医者と患者というよりも「男女の距離だった」とふり返るが、研究所の上司を演じた古舘さんは「僕にはそんな距離には来てくれなかった! 僕もいろいろ見てほしかったです」と不満を漏らし、客席は笑いに包まれていた。

『シャニダールの花』はテアトル新宿ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top