ボンドガールが今度は音楽教師に!ジェマ・アータートン、新作『アンコール!!』を語る

最新ニュース

ジェマ・アタートン/『アンコール!!』 -(C) Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.
  • ジェマ・アタートン/『アンコール!!』 -(C) Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.
  • ジェマ・アタートン/『アンコール!!』 -(C) Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.
  • ジェマ・アタートン/『アンコール!!』 -(C) Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.
  • 『アンコール!!』 -(C) Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.
  • 『アンコール!!』 -(C) Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.
  • 『アンコール!!』 -(C) Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.
  • 『アンコール!!』 -(C) Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.
  • 『アンコール!!』 -(C) Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.
二大名優テレンス・スタンプとヴァネッサ・レッドグレイヴの共演で、英国アカデミー賞「新人賞」ノミネートのポール・アンドリュー・ウィリアムズ監督が贈る『アンコール!!』。本作で、ロックでポップなシニア合唱団を率いる音楽教師役をキュートに演じた、注目の若手女優ジェマ・アータートン。魅力たっぷりの彼女が本作を語ってくれた。

ロンドンに暮らす、無口で気難しいアーサー(テレンス・スタンプ)は、隣近所でも有名なガンコ者で、息子ともギクシャク。唯一、笑顔を見せるのは、最愛の妻・マリオン(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)にだけ。病弱だが陽気なマリオンの趣味は、ロックやポップにも挑戦する、ちょっと変わったシニア合唱団“年金ズ”で歌うこと。ある日、“年金ズ”は国際コンクールのオーディションに出場することが決まるが、マリオンはがんを再発。練習に行けない彼女の代わりにアーサーは渋々、合唱団の扉を叩くことに…。

ジェマ・アータートンといえば、大抜擢された『007/慰めの報酬』のボンドガールから、『タイタンの戦い』『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』でファンタジー大作のヒロインに、『アリス・クリードの失踪』では密室サスペンスに挑み、そして全米初登場No.1『ヘンゼル&グレーテル』ではジェレミー・レナーと共演し、大人になったグレーテルを演じるなど、今、乗りに乗っている若手女優。そんな彼女が次に選んだのは、一組の老夫婦とその家族や仲間たちが人生をもう一度楽しもうとする姿を描いた本作で、歌で彼らを導く音楽教師・エリザベスだ。

脚本を読み、すぐに本作が気に入ったというジェマは、「目が腫れるぐらい泣いたわ。とにかく美しく描かれていて、とってもシンプル。そこが大好きよ!」と、ウィリアムズ監督の手がけた物語に強く惹かれたと話す。

中でも、「アーサーのマリオンへの深い愛に胸を打たれた」と語る通り、イギリスが生んだ世界的名優テレンス・トランプとヴァネッサ・レッドグレイヴが演じた、お互いをいたわり合う老夫婦の関係には思うところがあったようだ。

「祖父はまさにアーサーとマリオンの家のようなところに住んでいる。私はこの映画の舞台と同じような環境で育ったから、アーサーのような人を知っている」と、自らも団地育ちであったことを明かし、「アーサーのような人は本当にいるし、彼のあり方もリアル。アーサーが孫にチョコバーを渡すシーンがあったけど、ああいう茶目っ気のあるところ。私の父もあんなことをしてた」と、監督のリアルで細かな描写には心奪われたようだ。

だが、故郷の言葉でそのまま演じられるのはよかったと話しつつも、ジェマはエリザベスという役柄を「演じるのがとても難しかった」と語る。「彼女はとても愛らしくて、何事にも一生懸命で、この映画を動かしていく存在。アーサーとマリオンの人生、楽しみ、合唱団、そのほかいろんなことを結びつけていくの」と自分なりに役柄を掘り下げていったのだとか。

確かに、合唱団の指導者であり、マリオンの友人でもあるエリザベスは、本作のキーパーソン。「いわば、この映画の中での彼女の目的は、アーサーの心を開くこと。マリオンは病気になったときから、そう働きかけていた。それで、アーサーの悲しみを慰め、彼が前に進む手助けをする」。その役割をエリザベスは担っている、というのだ。

「エリザベスはアーサーに楽しむことを教え、リラックスすることを教え、深刻にならないよう教える。それが全然感傷的でなく、とても美しく描かれている。皮肉なところもあって、おかしくて、時には真理を突いているの」と熱く語るジェマ。

実は、ウィリアムズ監督から、「ある合唱団の指導をしてる女性がとても陽気で自信に満ちていて、その人に惹かれた」ことが、本作のアイデアに繋がったと聞いていたそうで、まさにエリザベスは本作になくてはならない存在だった。とはいえ、アーサーや合唱団を引っ張っていく一方、「私生活ではうまくいかない恋愛とのジレンマに悩む。とても孤独で、必死で、悲しい面を持っている。そこがエリザベスの好きなところね」とも。

そんなエリザベスと、近所でも評判の“ガンコ者”アーサーだが、2人は「とてもユニークな関係」なのだという。「最初は、とても仲がいいとは言えない。彼に対して少し嫌みな感じがあるし、彼をからかってもいる。アーサーはエリザベスが好きじゃない。彼にとっては少しうるさい女ね。でも2人には、何故か馬が合う部分があって、映画が進むにつれて友達になっていくのよ」と、その関係は次第に変わっていくことを示唆する。

さらに、「同時に父親のようなものを感じているんじゃないかしら。アーサーが同年代だったら、考え方も似ているし、きっといい友人になっているでしょうね。彼にはずけずけ聞くし、相手が落ち込んでるとか、ほかの人なら行かないようなときも押し掛けて、ドアをノックし、ちょっとイヤな顔をされる(笑)。でも彼にはそれが必要だし、それがいい関係でもあるの」と続けるように、不器用なガンコ者が大決心をして、人生初のラブソングを歌うことができたのはエリザベスがいたからこそ、なのかも。

「実生活のテレンスとの関係も、エリザベスとアーサーに似ているの。お互いに自然と信頼できて、彼と演じているときは難なくできた。それがにじみ出ていたんじゃないかと思うわ」とジェマは大ベテランとの共演をふり返る。

「自分が年を取っていたら、これをやりたいって思ったわ。多くの俳優は年寄りに見られたくないし、『年金老人を演じてる』なんて言いたくないから断る。でも、誰もがいつかはそういう時期を迎えるし、そのことをこの映画は描いている」と語り、「(実際のシニア)合唱団とお仕事したけど、みんなとても熱心だった」と出演者たちへのリスペクトも。

「魅力的な年代よね。これまであまり語られなかったけど、語るべきことはたくさんある。いろんなストーリーがある。多くの人生があり、いろんな感情があふれている」と、高齢者にスポットライトを当てた本作の姿勢を支持し、「だから、この作品が再び注目を集めるきっかけになるかもしれない」と話すジェマ。それゆえに、人生の豊かさ、美しさが描かれた本作は「特別なものに思えた」という。

毎日ピアノの集中レッスンをしたり、「最大の挑戦だった」という合唱団の指揮を経験したりと、ポジティブな音楽教師を熱演したジェマ。彼女が指揮をとる “年金ズ”の歌声を聞けるのはもう間もなくだ。

『アンコール!!』は6月28日(金)よりTOHOシネマズシャンテ、7月5日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top