故ジョン・レノンのクローン計画が進行中

最新ニュース

オノ・ヨーコ&ジョン・レノン-(C) Getty Images
  • オノ・ヨーコ&ジョン・レノン-(C) Getty Images
  • ジョン・レノン
  • オノ・ヨーコ&ジョン・レノン-(C) Getty Images
故ジョン・レノンのクローン計画が進行中だ。2年前にイギリスのオークションにて2万ポンド(約300万円)ですでに腐敗が進んだジョンの歯を落札したカナダの歯科医マイケル・ズック氏は、複数の科学者の協力を得て、その歯からジョンのDNAを抽出し、それを元にジョンのクローン人間を造ろうと本気で野望を立てているという。ズック医師は「examiner.com」に「科学者がマンモスのクローンを造ることができるなら、次にはジョン・レノンのだって可能なはずですよ」「ロック界最大のスターのひとりを復活させるための種を潜在的に持っているということだけでも、ビックリなことだと思いますがね」と明かした。

1980年にニューヨークで射殺されたジョンは1960年代に歯科医によって抜かれた臼歯を、その後自宅の家政婦をしていたドロシー・ジャレットに手渡していた経緯があるが、2年前に競売にかけられたのはこの虫歯の臼歯だった。これまで、その際に手にしたジョンの歯をガン治療促進の啓発活動のために利用していたというズック医師だが、現在はその歯のエナメル質の大半をDNA抽出のために研究所に送ったそうだ。

ズック医師は「ジョン・レノンのDNAを完璧に配列できるかもしれないという可能性だけでも私はゾクゾクしてしまいます。そう遠くない内にも実現するものと期待しています」「多くのビートルズファンはジョンが射殺されたとき、呆然自失としたことを覚えていることでしょう。なので、ファンのみなさんがジョンに生きるセカンドチャンスが与えられたと聞く日が到来すればと思っています」と続けている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top