貞子、始球式で103キロの速球投げ込み雪辱!

最新ニュース

ピッチャー・貞子(背番号“3D”)/『貞子3D2』始球式
  • ピッチャー・貞子(背番号“3D”)/『貞子3D2』始球式
  • ピッチャー・貞子(背番号“3D”)/『貞子3D2』始球式
  • ピッチャー・貞子(背番号“3D”)/『貞子3D2』始球式
  • ピッチャー・貞子(背番号“3D”)/『貞子3D2』始球式
  • ピッチャー・貞子(背番号“3D”)/『貞子3D2』始球式
  • ピッチャー・貞子(背番号“3D”)/『貞子3D2』始球式
  • ピッチャー・貞子(背番号“3D”)/『貞子3D2』始球式
  • ピッチャー・貞子(背番号“3D”)/『貞子3D2』始球式
映画『貞子3D2』の公開を記念して8月24日(土)、西武ドームにて行われたプロ野球の埼玉西武ライオンズVS福岡ソフトバンクホークスの試合前の始球式に貞子が登板。時速103キロの速球を投げ込み場内を沸かせた。

貞子の始球式・初登板は昨年4月25日の東京ドーム。このときは“呪い”にかけてノロい球を投げ込んでマウンドに倒れ込み笑いを誘っていた。その後、中3日でナゴヤドームでの試合でも始球式を務めるなど、貞子による始球式は人気と話題を集めた。

そしてこの日、続編映画の公開を前に再び始球式に登板すべく西武ドームに貞子が初めて参上! 実はこの日の昼にデーゲームで、ナゴヤドームにて行われた中日ドラゴンズVS阪神タイガースにおいても貞子は始球式に登板。そこではワンバウンドの投球を披露していた。

貞子は名古屋から埼玉へと移動する最中に、西武ドームでのナイトゲームで速球を投げ込むべく肩を作り込んだとか。試合開始直前、赤いスニーカーを履いた背番号「3D」の貞子が、映画にも登場する貞子の子ども、通称“子貞子”を3人従えてダグアウトから登場すると、多くの観客で埋まった客席からは歓声とどよめきが沸き起こる。

ホークスの一番打者・中村晃が打席に立ったが、子貞子からの“念”を受けた貞子は、セットポジションから外角へのボール球ながらも、速球をノーバウンドで投げ込む。スピードガンの表示はまさかの時速103キロ! 全力投球で精根尽き果てたのか、貞子はマウンドでバタリと倒れ、担架で運ばれたが、去りゆく貞子にライオンズ、ホークス両軍の応援団から歓声が送られた。

投球後にダグアウト裏で映画会社の人間を“通訳”に報道陣の取材に応じた貞子は「ボール球だったけど、昨年よりも70キロほど速い球を投げるのに成功してよかった」とコメント。

西武ドームの印象については本作の撮影がここから割と近い場所で行われたことも明かし、「(昨年の)東京ドームより、開放的で夏っぽくてよかった」と気持ち持ちよくマウンドに立てたよう。球速のアップについては「女子リーグで練習した」と特訓があったことを明かした。

『貞子3D2』は8月30日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top