ジブリ宮崎駿監督・引退会見…公式の辞<全文>

最新ニュース

スタジオジブリ・宮崎駿監督/引退会見
  • スタジオジブリ・宮崎駿監督/引退会見
  • 『風立ちぬ』 -(C) 2013 二馬力・GNDHDDTK
  • 『風立ちぬ』 -(C) 2013 二馬力・GNDHDDTK
  • 『風立ちぬ』 -(C) 2013 二馬力・GNDHDDTK
  • 宮崎監督&庵野秀明&松任谷由美 in スタジオジブリ/『風立ちぬ』会見
公開中の映画『風立ちぬ』をもって監督業からの引退を表明した宮崎駿監督が9月6日(金)、都内で公式会見を行なった。

会見に際して、宮崎監督は「公式引退の辞」と題した文書を発表。年齢を重ねる中で作品の発表の間隔が「ずんずん開いていくのをどうすることもできませんでした」とし、「次は6年か、7年か……それではスタジオがもちませんし、ぼくの70代は、というより持ち時間は使い果たされてしまいます」と説明する。

一方で長編アニメーションの監督業からは手を引くものの「あと10年は仕事をしたいと考えています」、「やってみたいことや試したいことがいろいろあります。やらなければと思っていること――例えばジブリ美術館の展示――も課題は山ほどあります」と語り、これまでと同様に仕事場に通い、仕事を続けていく意向であることを明かした。

以下「公式引退の辞」全文。


                   公式引退の辞

                                    宮崎 駿

 ぼくは、あと10年は仕事をしたいと考えています。自宅と仕事場を自分で運転して往復できる間は、仕事をつづけたいのです。その目安を一応“あと10年”としました。

 もっと短くなるかもしれませんが、それは寿命が決めることなので、あくまでも目安の10年です。

 ぼくは長編アニメーションを作りたいと願い、作って来た人間ですが、作品と作品の間がずんずん開いていくのをどうすることもできませんでした。要するにノロマになっていくばかりでした。

 “風立ちぬ”は前作から5年かかっています。次は6年か、7年か……それではスタジオがもちませんし、ぼくの70代は、というより持ち時間は使い果たされてしまいます。

 長編アニメーションではなくとも、やってみたいことや試したいことがいろいろあります。やらなければと思っていること――例えばジブリ美術館の展示――も課題は山ほどあります。

 これ等は、ほとんどがやってもやらなくてもスタジオに迷惑のかかることではないのです。ただ家族には今までと同じような迷惑をかけることにはなりますが。

 それでスタジオジブリのプログラムから、ぼくをはずしてもらうことにしました。

 ぼくは自由です。といって、日常の生活は少しも変わらず、毎日同じ道をかようでしょう。土曜日を休めるようになるのが夢ですが、そうなるかどうかは、まぁ、やってみないと判りません。

 ありがとうございました。

                                      以上

                                    2013,9,4
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top