福くん“ダイナソーこども大使”に就任!「今年は僕にとって恐竜イヤー」

最新ニュース

木梨憲武&鈴木福&真鍋真/『ウォーキング with ダイナソー』製作発表会見
  • 木梨憲武&鈴木福&真鍋真/『ウォーキング with ダイナソー』製作発表会見
  • 木梨憲武&鈴木福/『ウォーキング with ダイナソー』製作発表会見
  • 鈴木福/『ウォーキング with ダイナソー』製作発表会見
  • 鈴木福/『ウォーキング with ダイナソー』製作発表会見
  • 木梨憲武/『ウォーキング with ダイナソー』製作発表会見
  • 『ウォーキング with ダイナソー』製作発表会見
人気子役の鈴木福くん(9歳)が、英BBC製作の恐竜アドベンチャー映画『ウォーキング with ダイナソー』のPRを務める「ダイナソーこども大使」に就任! 10月28日(月)、都内で行われた製作発表会見にキュートな怪獣のコスチュームで駆けつけた。ガオー!

『アース』『ライフ -いのちをつなぐ物語-』といった傑作ネイチャードキュメンタリーを数多く発表し、高い評価を得るBBCが送る臨場感あふれる3DCG大作。7,000万年前のアラスカを舞台に、一頭のパキリノサウルスの成長を通して、最新の研究に基づいた知られざる恐竜たちの秘密を解き明かしていく。

以前から恐竜の大ファンだと言う福くんは、この夏、福井県立恐竜博物館にも足を運んだそうで「化石の発掘を体験したり、展示を見たりしました」とニッコリ。それだけに今回の大使就任にも大喜びで、「この映画のこども大使に選ばれて、今年は僕にとって“恐竜イヤー”になりました。ぜひみなさんにもこの映画で、恐竜のカッコいいところ、素敵なところを知ってもらって、どんどん好きになってほしいです」と意欲満々だった。

会見には、日本語吹き替え版で声優を務める「とんねるず」の木梨憲武も出席。木梨さんは小さな体で厳しい自然を生き抜く、草食恐竜・パキリノサウルスの主人公“パッチ”を演じ、『ファインディング・ニモ』以来10年ぶりの声優挑戦となる。

ところが、本邦初公開となる約4分間のフッテージ映像を目の当たりにすると「すごい迫力! 僕(の声)、必要ですかね…」と不安な表情を浮かべ、「ことのデカさに緊張しています。ご一緒するプロの声優さんと作戦を練らないとマズイですね」と戦々“恐”々としていた。

製作発表会見には福くんと木梨さんに加えて、本作の日本語版監修を務める国立科学博物館研究主幹の真鍋真氏、宗方謙氏(BBCワールドワイド ジャパン株式会社 代表取締役社長)、ジェシー・リー氏(20世紀フォックス映画 日本代表)が出席した。

『ウォーキング with ダイナソー』は、12月20日(金)から全国で3D/2D同時公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top