福山雅治、上映後の質疑応答にサプライズで登場! ラストシーンでの号泣を告白

最新ニュース

福山雅治&是枝裕和(監督)/『そして父になる』ティーチイン
  • 福山雅治&是枝裕和(監督)/『そして父になる』ティーチイン
  • 福山雅治/『そして父になる』ティーチイン
  • 福山雅治/『そして父になる』ティーチイン
  • 福山雅治&是枝裕和(監督)/『そして父になる』ティーチイン
  • 福山雅治/『そして父になる』ティーチイン
  • 是枝裕和(監督)/『そして父になる』ティーチイン
  • 福山雅治/『そして父になる』ティーチイン
福山雅治が10月28日(月)、公開中の主演映画『そして父になる』の上映後の質疑応答にサプライズで来場し、是枝裕和監督と共に観客の質問に答えた。

乳児の取り違えをテーマに2つの家族が実の子か? 6年間育ててきた子か? という二者択一の中で悩み、戸惑いながらも自分たちなりの答えを出していくさまを描き、興行収入は25億円を突破。公開後、是枝監督はこうした質疑応答を幾度か行なってきたが、この日、完全サプライズでスペシャルゲストとして福山さんの来場がアナウンスされると客席は歓声に包まれた。

質問に際し「大好きです!」と福山さんへの想いを告白するファンに、福山さんは「僕も大好きです」と甘~い言葉で返し会場を沸かせる。観客の中には、この日で8回目の鑑賞というツワモノも!

是枝監督に「撮影の最初と最後で(気持ちなどは)変わりましたか?」と尋ねられた福山さんは「元々、いろんなことをできるわけではないので、『演じよう』とは思ってなかったんです。子どもたちに導かれ、意図してではなく引き出されていったと思います」と語る。

ラスト近くで、福山さん演じる良多が6年間育ててきた“他人の息子”慶多を追いかける印象的なシーンに話が及ぶと「3テイク撮ってるんですが、最初の1テイク目で図らずも号泣してしまったんです」と告白。「コントロールせずにこうなってしまい、びっくりしました」とふり返った。

福山さんが演じた良太とリリー・フランキーが演じた雄大、2人の父親について、もしも福山さんが劇中のような状況に置かれたらどちらの父親のタイプに近いと思うか? という問いに「できるだけ、(子にとって)選択肢のある環境を作ってやりたいと思う。その意味で、良多に近いかな」と語る。

是枝監督は福山さんに会って佇まいや声などからイメージを膨らませ、現場でも脚本をリライトしていったそう。序盤に出てくる家族でケーキを囲むシーンでの福山さんについて「目線に含みがあり、何も語ってないのに感情を感じた」と語り、「その後のシーンでも、福山さんが“見つめる”シーンを増やして強調しました」と明かした。

最後にマイクを握った福山さんは、改めて本作について「お芝居だけど、生活に近いものが収められています」と語り、見るたびに、その日の体調や心境によって印象が異なる「生き物のような作品に仕上がっている」と強調した。

『そして父になる』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top