福山雅治、「生涯独身?」の質問に苦笑 in 釜山国際映画祭

最新ニュース

福山雅治&是枝裕和監督/『そして父になる』 in 第18回釜山国際映画祭
  • 福山雅治&是枝裕和監督/『そして父になる』 in 第18回釜山国際映画祭
  • 福山雅治&是枝裕和監督/『そして父になる』 in 第18回釜山国際映画祭
  • 『そして父になる』 -(C) 2013『そして父になる』製作委員会
  • 福山雅治&尾野真千子/『そして父になる』 -(C)  2013『そして父になる』製作委員会
  • 樹木希林&尾野真千子/『そして父になる』 -(C)  2013『そして父になる』製作委員会
  • リリー・フランキー/『そして父になる』 -(C)  2013『そして父になる』製作委員会
  • リリー・フランキー/『そして父になる』 -(C)  2013『そして父になる』製作委員会
  • 『そして父になる』 -(C)  2013『そして父になる』製作委員会
福山雅治と是枝裕和監督が、10月4日夜(現地時間)、釜山国際映画祭の名物イベントである、海雲台ビーチでのオープントークに登場。1,000人以上の観客に熱い声援で迎えられる中、約1時間にわたってトークを繰り広げた。

『そして父になる』で初めて父親役を演じた福山さんは、「このまま独身でもし子どもができず、父親になれなかったら?」と聞かれると、「子どもができないとは考えたこともなかったんで、びっくりしました」と苦笑い。「でもまだ、幸せな家庭を築けると信じています」と、いつか父になる日への期待をコメントした。

是枝監督は福山さんの演技について、「息子の合格祝いで、エビフライを食べながら、目の前にいる息子のことを見つめる福山さんの表情というか視線が、とても雄弁で、いろんなことが読み取れたんです。最初はさらっと撮るつもりだったんですが、この目は強いので、ここをすごく大事に撮ろうと思いました。台詞ではなく、強い表情が僕にとっては大事だったので、早い段階でそれを見つけられてよかったし、とても素晴らしいシーンになりました」と称えた。

福山さんは、子どもに「なんで?」と何度も問われるシーンについて、「子どもの『なんで?』に対して、答えられる言葉はないな、と思いました(苦笑)。大人には答えられるときでも、それは答えになっていない可能性がある。大人同士というのは曖昧なことで成立してるんだな、ということを逆に感じました。それは、子どもには言葉で伝えられないというわけではなく、伝えられることなんてないんだな、と。大人同士でも、大人と子どもであっても、伝わるものは伝わるけれど、どうしても伝えらないものは伝わらない。そんなことを演じながら感じましたね」と、語った。

『そして父になる』は新宿ピカデリーほか全国にて公開中。
《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top