【インタビュー】有村架純、「SPEC」の終焉に「涙が出そう」――3年間の想い

最新ニュース

有村架純(正汽雅役)/『劇場版 SPEC~結(クローズ)~』
  • 有村架純(正汽雅役)/『劇場版 SPEC~結(クローズ)~』
  • 『SPEC ~結~漸ノ篇~』完成披露試写会に参加したキャスト&スタッフ
  • 『SPEC ~結~漸ノ篇~』完成披露試写会(戸田恵梨香&加瀬亮)
  • 有村架純&竜雷太/『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ぜん)ノ篇/劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(こう)ノ篇』-(C) 2013「劇場版SPEC ~結~ 漸ノ篇」製作委員会/2013「劇場版SPEC ~結~ 爻ノ篇」製作委員会
  • 『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ぜん)ノ篇/劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(こう)ノ篇』-(C) 2013「劇場版SPEC ~結~ 漸ノ篇」製作委員会/2013「劇場版SPEC ~結~ 爻ノ篇」製作委員会
  • 『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ぜん)ノ篇/劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(こう)ノ篇』-(C) 2013「劇場版SPEC ~結~ 漸ノ篇」製作委員会/2013「劇場版SPEC ~結~ 爻ノ篇」製作委員会
  • 『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ぜん)ノ篇/劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(こう)ノ篇』-(C) 2013「劇場版SPEC ~結~ 漸ノ篇」製作委員会/2013「劇場版SPEC ~結~ 爻ノ篇」製作委員会
  • 『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ぜん)ノ篇/劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(こう)ノ篇』-(C) 2013「劇場版SPEC ~結~ 漸ノ篇」製作委員会/2013「劇場版SPEC ~結~ 爻ノ篇」製作委員会
『劇場版SPEC~結(クローズ)~』に出演する有村架純さん。2010年10月クールの連続ドラマを皮切りに、スペシャルドラマ、映画と話題を呼んできた大人気シリーズ「SPEC」。待望の新作であり、完結編となる『劇場版SPEC~結~』がいよいよロードショーとなる。

あまりに壮大なスケールで終焉を迎えるため、『漸ノ篇』(11月1日公開)、『爻ノ篇』(11月29日公開)の前後編2部作として、連続公開されます。「SPEC」は、警視庁公安部の未詳事件特別対策係(通称:未詳=ミショウ)に所属する捜査官である当麻紗綾(戸田恵梨香)と瀬文焚流(加瀬亮)らが、“予知能力”や“念動力”などの“SPEC”と呼ばれる特殊能力を持つ犯罪者たちとの戦いを描いた異色の刑事ドラマ。

このシリーズで、ミショウに出入りする婦警であり、当麻と瀬文の上司・野々村(竜雷太)の愛人である正汽雅に扮している有村架純さんも、もちろん『劇場版 SPEC ~結~』に登場!

最近では、社会現象ともなった連続テレビ小説「あまちゃん」で全国区の人気を獲得し、注目を集める若手女優の有村さん。デビュー当初から出演していた『SPEC』シリーズの思いや最新映画の見どころを語っていただきました。

<『SPEC』シリーズ完結への思い>

デビューしたての頃に正汽雅(=雅ちゃん)役に抜擢されて、連続ドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」に出演。以来、約3年にわたって演じ、思い入れの強い「SPEC」シリーズが、最新映画でフィナーレを迎えるにあたり、有村さんにいまの率直な感想を伺いました。

――ついに「SPEC」シリーズの完結編となる『劇場版SPEC ~結~』が、お客さんに届くことになりますが、いまの心境は?

デビュー当時からお世話になっていて、自分でも思い入れの強い作品なので、涙が出そうです。ようやく集大成というか、『SPEC』の全てが詰まった作品を皆さんに見てもらえるのは本当に嬉しいです。

――有村さんが演じる雅ちゃんについては、どのような思いがありますか?

この『SPEC』という世界観の中で、ちょっとした笑えるようなシーンをたくさん演じさせてもらって、私自身も楽しかったです。最初、雅ちゃんというのは、小悪魔で変わった女の子と思っていましたが、本当はものすごく純粋な女の子だったんだ、とようやく理解できました。素敵な役をやらせていただけたと思っています。

――雅ちゃんを演じた3年間は長かった?

短かったです。連続ドラマ、スペシャルドラマ「SPEC~翔~」、『劇場版SPEC~天~』『劇場版SPEC~結~』と、段階を追ってやらせていただきましたが、気持ち的に最初はいっぱいいっぱいでした。それから色々な経験を経て、堤監督から学んだことを出しながら、自分の中でも伸び伸びできるようになって。

連続ドラマではできなかったけれど、スペシャルドラマではこんなことができるようになった、というようなことを一つ一つ見つけながら、目の前にある課題に取り組み、私も雅ちゃんと一緒に変化できてるのかなと思います。公開される『劇場版SPEC~結~』では、雅ちゃんの完成形をお見せできると思います。

――この3年をふり返り、自身で成長したと思うことは?

やはり“思いきり”が大事だなと、堤監督の作品で学びました。「SPEC」以外に、ドラマ「スターマン」でもご一緒させていただいて、その時は「SPEC」では見せられなかった私を見てもらいたいと思って、役をやらせていただいたんですけれど、何にもとらわれずに思い切りやることは、本当に大切だなと。

連ドラの「SPEC」のときは、堤監督の言っていることがなかなか理解できないこともありました。現場でセリフが変わることもたくさんあり、「なんでこのセリフを言うことになったんだろう」という戸惑いもありました。でも今では、そういうのも全て「よし、やってやろう」という気持ちに変わっていきました。

■インタビューの続きはこちら(※テレビドガッチへ)
http://dogatch.jp/interview/553/02.html
《テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top