向井理、“メガネ&非モテ”男子に!元「ももクロ」早見あかり主演『百瀬、こっちを向いて。』

最新ニュース

向井理/『百瀬、こっちを向いて。』-(C) 2014 映画「百瀬、こっちを向いて。」製作委員会
  • 向井理/『百瀬、こっちを向いて。』-(C) 2014 映画「百瀬、こっちを向いて。」製作委員会
  • 早見あかり/『百瀬、こっちを向いて。』-(C) 2014 映画「百瀬、こっちを向いて。」製作委員会
  • 早見あかり(百瀬陽)&竹内太郎(相原ノボル)『百瀬、こっちを向いて。』
強烈なキャラクターで愛される人気アイドル・グループ「ももいろクローバー」の“青”として活躍した元メンバー・早見あかりが初主演を務める、映画『百瀬、こっちを向いて。』。このほど、本作に向井理が出演していることが明らかとなった。しかもその役柄は、メガネ男子かつ非モテ男子だというのだ!

物語は、遡ること15年前。相原ノボル(竹内太郎)は高校に入学してからずっと、冴えない日々を送っていた。 ある日、尊敬する先輩の宮崎瞬に呼び出され、ショートヘアで野良猫のように鋭い目つきの美少女・百瀬陽(早見あかり)を紹介される。

瞬は学校のマドンナ的存在の神林徹子という恋人がいるが、百瀬と付き合っているといううわさが一部で流れ困っていた。そこで、ノボルに百瀬と期間限定で付き合うフリをしてほしいと提案するのだが…。

そんな“切ない嘘”をきっかけに、女子とは一生縁がないと諦める少年・ノボルと謎の美少女・百瀬との間で繰り広げられる青春ドラマを描く本作。向井さんが今回演じるのは、そんな冴えない少年・ノボルの15年後(つまりは30歳になった)の姿。

そのビジュアルは“メガネ&ちょっと根暗”…これまでの爽やか&完璧な向井さんのイメージを覆すような、ファンにとっては破壊力抜群のキャラクターだ。いつも役作りに余念がない向井さんは、撮影中に監督から「あまり根暗になったり、背負い過ぎずに」とアドバイスされたのだとか。そんな助言があっても十分過ぎる“モテないオーラ”を漂わせているあたりは流石(?)の一言に尽きる。

向井さん自身は、このノボルというキャラクターについて「どこにでもいる青年。そして初恋の思い出とそのとき感じていた疑問を今でもまだ引きずっている人」と分析する。

さらに、ヒロインを演じた早見さんについては「自由な人。良くも悪くも人を振り回す。でも、一生懸命生きている人」とコメントを寄せている。

擬似恋愛でノボルを振り回す、“小悪魔”キャラの百瀬を早見さんが演じることで、すでに話題を呼んでいるが、本作で向井さんが演じる役柄も大きな注目を集めそうだ。

『百瀬、こっちを向いて。』は2014年5月10日(土)より、新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top