竹野内豊、フラれた経験「たくさんある」発言に客席からどよめき

最新ニュース

竹野内豊&“リアル”ニシノユキヒコ/『ニシノユキヒコの恋と冒険』ヒット御礼舞台挨拶
  • 竹野内豊&“リアル”ニシノユキヒコ/『ニシノユキヒコの恋と冒険』ヒット御礼舞台挨拶
  • 竹野内豊/『ニシノユキヒコの恋と冒険』ヒット御礼舞台挨拶
  • 竹野内豊/『ニシノユキヒコの恋と冒険』ヒット御礼舞台挨拶
  • 竹野内豊/『ニシノユキヒコの恋と冒険』ヒット御礼舞台挨拶
  • 竹野内豊/『ニシノユキヒコの恋と冒険』ヒット御礼舞台挨拶
  • 竹野内豊&“リアル”ニシノユキヒコ/『ニシノユキヒコの恋と冒険』ヒット御礼舞台挨拶
  • 竹野内豊/『ニシノユキヒコの恋と冒険』ヒット御礼舞台挨拶
  • 竹野内豊&“リアル”ニシノユキヒコ/『ニシノユキヒコの恋と冒険』ヒット御礼舞台挨拶
先日、公開された『ニシノユキヒコの恋と冒険』のヒット御礼舞台挨拶が2月11日(火・祝)に都内劇場で開催。主演の竹野内豊と井口奈己監督が登壇した。

川上弘美の人気小説を映画化。仕事もできて女性にも優しくセックスもよいのに、なぜかいつも別れを告げられてしまうニシノユキヒコの人生を描き出す。

大雪の公開初日に続き、この日も劇場には多くの観客が詰めかけ、中にはすでに複数回鑑賞したというファンも。竹野内さんは「これだけたくさんの方に迎えていただき嬉しいです」と語り、「映画はいかがでしたか?」という呼びかけに温かい拍手が沸き起こると「感無量です」と頷いた。

映画にちなんでこれまでの人生で“女性にフラれた経験”を問われると、竹野内さんが「たくさんあるんで…」ととぼけ、会場からは「えーっ?」と疑いのこもったどよめきが…。

竹野内さんは「ホントですよ!」と苦笑しつつ、ある恥ずかしい体験を告白。「携帯の電子メールをやり始めてまもない頃、女性の友達が絵文字のハートマークを付けてきたんです。特に(好きという)意味がなくても付けるものなんでしょうが勘違いして、その当時、僕は彼女がいたので『自分、彼女がいるんです。ごめんなさい』と言ったら、『そんなつもりない』と言われ、フラれたような気分になりました(苦笑)。絵文字の怖さを知りました」と明かし、会場は笑いに包まれた。

さらにこの日は、この映画ならではのゲストが竹野内さんと井口監督にはサプライズで登場。初老の男性が壇上に迎えられたが、彼の名前は「ニシノユキヒコ」。札幌在住で絵本作家・画家をしており、かつて石原裕次郎のカレンダーのデザインを担当したこともあるという。“リアル”ニシノユキヒコさんは映画を鑑賞し「自分じゃないって分かっていながら、ドキドキしました」と笑顔で感想を語る。

本名の漢字も元々、原作小説、映画と同じ漢字だったが「字画が36画で『老後に孤独な人生を送る』ということだったので変えた」とか。原作小説が刊行された際には母親から電話がかかってきて、「なんてことしてるの!」と怒られたというエピソードを明かしてくれた。竹野内さんはまさかの対面に「ビックリしました…」と言葉が出てこないよう。

リアル・ニシノさんはこの日のために寝ないで仕上げたという竹野内さんの肖像画をプレゼントし、これには竹野内さんも感激しきりだった。

『ニシノユキヒコの恋と冒険』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top