櫻井翔が告白 『神様のカルテ2』の小道具に「嵐」のDVDが!

最新ニュース

宮崎あおい&深川栄洋(監督)/『神様のカルテ2』初日舞台挨拶
  • 宮崎あおい&深川栄洋(監督)/『神様のカルテ2』初日舞台挨拶
  • 宮崎あおい/『神様のカルテ2』初日舞台挨拶
  • 要潤&市毛良枝/『神様のカルテ2』初日舞台挨拶
  • 要潤/『神様のカルテ2』初日舞台挨拶
  • 市毛良枝/『神様のカルテ2』初日舞台挨拶
  • 深川栄洋(監督)/『神様のカルテ2』初日舞台挨拶
  • 宮崎あおい&深川栄洋(監督)/『神様のカルテ2』初日舞台挨拶
  • 宮崎あおい/『神様のカルテ2』初日舞台挨拶
映画『神様のカルテ2』が3月21日(金・祝)に公開を迎え、主演の櫻井翔(嵐)を始め、宮崎あおい、要潤、市毛良枝、深川栄洋監督が都内劇場で行われた舞台挨拶に登壇した。

本屋大賞ノミネートの夏川草介の同名小説を前作に続き映画化。地方の病院で患者と向き合う主人公の医師・一止と周囲の人々との繋がりを描いていく。

完成した映画を年末に鑑賞したという櫻井さんは「しばし呆然とするくらい感動した」と明かし、「『2』への参加に躊躇があったけど、参加できてよかったです」と述懐。公開初日を迎え「胸張って、素敵な作品になったと言えます」と満員の観客を前に誇らしげに語った。

宮崎さんも公開初日に劇場に足を運んだ観客を前に満面の笑み。「たくさんの方に観ていただき嬉しいです。どんな大変なことがあっても、未来は明るい――私はこの映画からそんなことを感じました」と充実した表情で語る。

本作では、藤原竜也演じる一止の同級生が病院に赴任してきたことで「仕事と家族、どちらを選ぶのか?」という問いが投げかけられる。現在、一児の父である要さんは「藤原竜也くんに感情移入して見てました。(劇中で)櫻井くんが藤原くんにコーヒーを頭からかけたとき、殴っていいんじゃないかと思いましたね(笑)。僕が藤原竜也だと思いながら…」と“藤原さん推し”を強調。

櫻井さんが困惑しつつ、「いやいや、(要さんの役は)砂山先生でしょ? そこは砂山先生で…」とツッコむも、要さんは強硬に「竜也です!」と主張し、会場は笑いに包まれた。

市毛さんは、緊張感を持ちつつも優しい空気の現場にあって「一番、のんびりしてたのは櫻井さんです」と指摘。「主役というのはこんなにも…(笑)」と驚きを込めて語っていたが、櫻井さんは「(続編から参加する)新しいキャストのみなさんのための空気作りです(笑)!」と釈明し、会場は再び笑いが沸き起こった。

また、もう一度、映画を観るならどこに注目を? という質問に櫻井さんは、終盤の藤原さん演じる進藤の家の小道具に触れ「実は、『嵐』のDVDが置いてあります!」と告白。美術スタッフが置いたもので「(劇場でも)見て分かるレベルではないと思います」と語っていたが、深川監督さえもこの事実を知らなったそうで、観客も意外な告白に驚愕していた。

『神様のカルテ2』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top