向井理&片桐はいり、恋の相手は山本美月&及川光博に!『小野寺の弟・小野寺の姉』

最新ニュース

山本美月&及川光博&ムロツヨシ&寿美奈子&麻生久美子&大森南朋/『小野寺の弟・小野寺の姉』-(C)2014 『小野寺の弟・小野寺の姉』製作委員会
  • 山本美月&及川光博&ムロツヨシ&寿美奈子&麻生久美子&大森南朋/『小野寺の弟・小野寺の姉』-(C)2014 『小野寺の弟・小野寺の姉』製作委員会
  • 『小野寺の弟・小野寺の姉』(C)2014 『小野寺の弟・小野寺の姉』製作委員会
綾野剛とのW主演したTVドラマ「S -最後の警官-」でも成功を収めた向井理と、昨年「あまちゃん」で“あんべちゃん”役での好演も記憶に新しい個性派女優、片桐はいりが、まさかの姉弟役を演じる『小野寺の弟・小野寺の姉』の公開日が決定! 山本美月、及川光博、麻生久美子、大森南朋ら豪華な追加キャストも発表された。

早くに両親を亡くしてから、ずっと2人きりで暮らしている、小野寺進(弟/33歳・向井理)と小野寺より子(姉/40歳・片桐はいり)。モテないワケではないのに引っ込み思案で恋に奥手な弟と、こだわりが強く生命力の強い姉。弟は失恋の痛手から抜け出せないことを姉にとやかく言われながらも彼等は一つ屋根の下で、程よい距離感を保ちながら暮らしていた。ある日、小野寺家に1通の誤配達の郵便が届く。その手紙をきっかけに進とより子、それぞれの恋と人生が動き始める。不器用な姉弟のそれぞれの幸せの行方は…。

本作は、脚本家として『映画 怪物くん』『妖怪人間ベム』など数々のヒット作を生み出してきた西田征史の同名小説の映画化。2013年、映画版と同じキャストで公演され、好評を博した舞台版では、舞台用のオリジナル脚本を西田さんが執筆、演出も手がけていたが、本作は待望の初監督作品となる。

主演を務める向井さんと片桐さんに加え、このたび公表された追加キャストも豪華俳優陣が顔を揃えた。向井さんが演じる小野寺進が惹かれていく相手役には、『女子ーズ』『近キョリ恋愛』など、女優としても目覚ましい活躍をみせる「CanCam」モデル・山本美月。片桐さん演じる姉の小野寺より子と心を通わせていく相手役には、『相棒』シリーズなどで俳優としての魅力を発揮し続けている及川光博。

さらに、小野寺姉弟のキーパーソンとして登場するのが、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」での好演も記憶に新しいムロツヨシと、アニメ『TIGER & BUNNY』のブルー・ローズ/カリーナ・ライル役で西田征史監督とも縁のある寿美奈子。そして、進のかつての恋人役に麻生久美子、進の上司役に大森南朋という、日本を代表する豪華俳優陣が集結した。

山本さんは、「今回、初めてふわふわした女の子らしい役を演じさせていただきました。普段の自分とは違う理想の女の子像に近い感じだったので、お話しをいただいた際はとても嬉しかったです」とうれしそう。ゆったりとした時間が流れる本作の世界観をとても気に入った様子だ。

また、「不器用で、おそらく天然キャラの営業マン・浅野を演じました」という及川さんも「いままでにない役どころ」と言う。「片桐さんが演じるより子と心を通わせる、その“ぎこちなさ”や“まどろっこしさ”を、あたたかい目で見ていただけたら幸いです」とコメント。

ムロさん、寿さん、麻生さん、大森さんとも、初監督を務めた西田監督とは親交が深く、「以前から交流のある西田監督の初監督映画に参加させていただき、光栄に思っています」(麻生さん)、「数年前に役者としてお会いしておりました。初監督作品に呼んでいただき感謝です。また呼んでください」(大森さん)とエールを送っている。

西田監督は「小野寺姉弟の小さな生活圏。その中に暮らす不器用で平凡な人々を、個人的に大好きな俳優陣が丁寧にそして生々しく演じてくださいました。どの役もどこかちょっと変なので、どの出演者のファンの方も“いままでにないその人”を目にすることができると思います」と語る。個性で華やかな俳優達が、これまでにない役柄でどのように魅せてくれるのか、いまから公開が楽しみだ。

『小野寺の弟・小野寺の姉』は10月25日(土)より、新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top