エクステ難民必見! 自まつ毛を育てる“正しいまつ毛エクステ”のススメ

最新ニュース

バルバロッサ六本木店。乱れにくいエクステンションはメンテナンスもリペアのみでOKだから、短時間で済むうえに、リーズナブル。顧客リピート率が高い。
  • バルバロッサ六本木店。乱れにくいエクステンションはメンテナンスもリペアのみでOKだから、短時間で済むうえに、リーズナブル。顧客リピート率が高い。
美しくパーフェクトなまつ毛を24時間キープして毎日のアイメイクが時短できると、多忙な女子たちに人気のまつ毛エクステンション。一方で、「自まつ毛を傷めるのでは?」「メンテナンスが大変そう」「目立ちすぎてイタい感じになりそう」、そんな懸念を抱いている人もいるだろう。

ところが実際、毎日マスカラやビューラーをしている人も、知らず知らずのうちにまつ毛を傷めてしまいがちなのだ。逆にまつ毛エクステは、きちんとした技術やノウハウのあるサロンで適切な施術を受ければ、自まつ毛を傷めることなく、正しい方向へまつ毛を導き、伸ばしていくことができる。自まつ毛を活かした無理のないスタイリングなら、仕上がりもナチュラルで違和感がなく、エクステの持ちも良い。持ちが良ければ、メンテナンスも楽チンというわけだ。要はまつ毛エクステはサロンの選び方と使いようで、自分らしく理想的な美まつ毛を実現できる最強の手段になり得るのだ。

「サロン施術者の技術不足や、利用者自身の誤解が原因で、まつ毛エクステに対してマイナスイメージを持たれてしまうのはとても残念なこと」。そう話すのは、まつ毛エクステサロン「バルバロッサ」六本木店の店長・今井さんだ。「バルバロッサ」は、20代後半~70代まで幅広い年齢層の女性から支持されていて、常連客には有名美容ジャーナリストやモデル、大物女優など美容にアンテナの高い著名人の顔ぶれが並ぶという、知る人ぞ知るサロン。

「まつ毛エクステをする=自まつ毛を傷める、ということは決してありません。“正しいまつ毛エクステ”を実践すれば、まつ毛の自然な毛周期(生え変わりのサイクル)にあわせて必要な本数だけを定期的にリペアするだけで、理想の美まつ毛をキープすることができます。」と今井さんは言う。

エクステの持ちを左右するのは施術者の技術力だ。その技術とは、具体的にはエクステをつける前に自まつ毛の状態を的確に見極めることなのだと今井さんは言う。意外に思うかもしれないが、まつ毛は身体中の毛の中で最も毛周期が早く、平均的に1か月半くらいですべてのまつ毛が生え変わっている。「バルバロッサ」では、このサイクルに合わせて、細い自まつ毛には負担のかからない軽いエクステを選んだり、まつ毛一本一本の状態によって施術内容を変えている。

利用者側も、闇雲につけられるだけ目いっぱいエクステをつけてしまおうとするのはNGだ。たとえば、自まつ毛すべてにエクステをつけてしまうと、まつ毛の生え変わる余裕がなくなってしまうため、継続してエクステをつけること自体が難しくなる。また毎回同じスタイリングを続けてしまうのもNG。一部のまつ毛に負担が集中してしまい、自まつ毛を傷めて、エクステの持ちを悪くする原因になってしまうからだ。

今井さんによれば、理想のまつ毛の形に近づけるためには、定期的にデザインを変えながら、その日の自まつ毛の状態に合わせたスタイリングが必要という。「私どものサロンでは、その日のまつ毛の状態に合わせたスタイリングをご提案しているので、お客様が希望されるデザインが毎回できるとは限りません。そのことをお客様にも説明し、きちんと理解していただいた上で、自まつ毛への負担を最小限におさえた最適なエクステをご提供しています」。

こうしたきめ細やかなアプローチによる「バルバロッサ」のまつ毛エクステは、1か月経っても乱れが気にならないほどのバツグンの持ちの良さを発揮。2回目以降の施術もリペアのみでOK。短時間で済むうえに、メンテナンス周期も長く、年間を通して考えれば、コストパフォーマンスは断然お得だ。料金は、リペア30本、4,093円~。これなら、毎度全部のエクステをつけ直すのにかかっていた時間とお金はだいぶ節約できるはずだ!

自まつ毛にやさしい施術と確かな技術を備えたサロンを選べば、いつまでも自分らしく美しいまつ毛をキープすることができると分かれば、誤ったマイナスイメージからまつ毛エクステを敬遠していた人も、いま一度、正しいサロン選びをして理想の美まつ毛を手に入れてみたくなるのではないだろうか。毎日のアイメイクが不要になるほど便利で、メリットの多いまつ毛エクステを、ぜひ自分のものにしたい。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top