『テッド』セス・マクファーレン、著作権侵害で訴えられる

最新ニュース

『テッド』  -(C)  UniversalPictures/Tippett Studio
  • 『テッド』  -(C)  UniversalPictures/Tippett Studio
  • セス・マクファーレン&ミラ・クニス&マーク・ウォールバーグ-(C) Getty Images
  • セス・マクファーレン
セス・マクファーレンが監督、脚本、製作を担当した映画『テッド』において、著作権侵害の疑いで訴えられている。テレビアニメ「ファミリー・ガイ」の製作者としても知られるマクファーレンは、ユニバーサル・ピクチャーズ、メディア・ライツ・キャピタルとともに、『テッド』に登場する主役のテディベアのキャラクターがベンガル・マングル・プロダクションズ独自のアニメーションベアの違法コピーだとして、同社から訴訟を起こされている。

訴訟では同社製作のウェブシリーズ「チャーリー・ザ・アビューシブ・テディ」や「アクティング・スクール・アカデミー」に登場するチャーリーと言うアニメーションベアと『テッド』に登場するキャラクター・テッドの見た目や振る舞いが似ていると申し立てられている。

法的文書には「チャーリーとテッドは、ビールおよび/またはタバコを手に持ってリビングルームのソファーに座って多くの時間を過ごすことなど多くの点で類似している」「チャーリーとテッドは、パーソナリティ、声のトーン、言葉の伝え方、対話、そして態度など、実質的に似ている点がある」と記されている。

マクファーレンのファジー・ドア・プロダクションに対しても告発がなされているこの訴訟では2009年と2010年にYouTubeと「FunnyOrDie.com」で放映された同ウェブシリーズが『テッド』のシーンの中で似ている点があるとされている。

また、その訴えの中ではテッドが「女性と関係を持ちたいときに女性に対して、わいせつな演技をしてみたり、マーク・ウォールバーグ演じるジョンに言うことを聞かせるために暴力を振るったり、ノラ・ジョーンズに彼らが関係を持った過去の話をしたり、テッドが命の危機にさらされているにも関わらず、ジョークを言ったりする場面」などの特定のシーンが引用されている。

そんな『テッド』の続編は来年6月にも公開される予定だ。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top