【最新CM考】福士蒼汰、斎藤工、東出昌大 新たな魅力が開花!次世代俳優の夏CM

最新ニュース

福士蒼汰&斎藤工&東出昌大/次世代俳優たちの夏CM
  • 福士蒼汰&斎藤工&東出昌大/次世代俳優たちの夏CM
  • 福士蒼汰/『好きっていいなよ。』初日舞台挨拶
  • -(C) 2014「好きっていいなよ。」製作委員会
  • 『好きっていいなよ。』 - (C)2014「好きっていいなよ。」製作委員会
  • 高良健吾/『私の男』完成披露試写会
  • 井上真央&伊勢谷友介&東出昌大&高良健吾/2015年大河ドラマ「花燃ゆ」新キャスト発表会見
  • 『潔く柔く きよくやわく』-(C) 2013「潔く柔く」製作委員会-(C) いくえみ綾/集英社
  • 斎藤工/「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」オープニング・セレモニー
梅雨明け間近、いよいよ夏本番を迎える日本列島だが、いま、次世代の映画界を担う若手イケメン俳優たちも夏CMで大活躍を見せている。近年筆頭のブレイク男子であり、主演映画『好きっていいなよ。』が好調スタートを切った福士蒼汰もそのひとりだ。

「au」の新CMでは、ニコニコしながらズバッと思ったことを口にする“ニコズバ”女子こと杉咲花や、松岡修造、柳原可奈子と共演し、花火から始まりそうでなかなか始まらない恋を展開させているかと思えば、小薮千豊の怪しい(?)ヘアスタイルと言動が笑いを誘うロッテアイス「クーリッシュ」のCMでは佐々木希と“憧れ”のサラリーマン姿に。花王「リセッシュ 浸透除菌EX」では梅雨時に悩む主婦層のハートもゲット、とCM界の新プリンスともいえるほどの活躍ぶり。

特に、アサヒ飲料「三ツ矢サイダー」のCMでは、ダブルダッチで抜群の運動神経を披露したり、バスケ部だった中学時代のちょっぴりヤンチャな一面を語る、いまどきの男子らしい“素顔”を見せてくれている。そこで、福士さんのように、夏にぴったりのドリンクCMで新たな素顔や新境地のキャラを見せている次世代俳優たちを追ってみた。


■高良健吾、いまどきの若いやつだってキリリと凛々しい■

まずは「初めまして、いまどきの若いやつです」と自己紹介し、キリリとしたスーツ姿の新人ビジネスマンに扮している、UCC「BLACK無糖」の高良健吾。現在公開中のモスクワ国際映画祭2冠を達成した『私の男』では、二階堂ふみ演じる“花”に好意を寄せながら、浅野忠信演じる“父親”に翻弄されていく尾崎美郎役で強い印象を残している高良さん。これまでは個性的な役柄が多く、最近は『潔く柔く きよくやわく』での高校生役、『横道世之介』でのお人好しの青年役など幅広い役柄に挑戦してきているが、『私の男』でも見せていたスーツ姿はむしろ新鮮に映る。

しかも、本CMの「プレゼン編」では、“ゆとり世代”とひとくくりにされがちな、秘めたるアツさを心の中にたぎらせながら、時には“攻めの心”できちっと自己主張できる“強気男子”ぶりを発揮。CMのラスト、「Wait a moument.」と立ち上がるシーンには思わずドキッとしてしまうほどで、もう1本、ブラックスーツでクロヒョウと対峙しながら、整った顔立ちがドアップになる「メッセージ編」も必見だ。さらに、WEBからはCMメイキングやインタビュー映像を見ることもできる。




■炭酸好きなシロクマが相棒? コミカルでもカッコいい斎藤工■

また、アサヒ飲料「ウィルキンソン タンサン」のCMで、自由なカウボーイ風なのにコミカルな姿を見せてくれるのが斎藤工。斎藤さんといえば、俳優・モデルとしてだけでなく、最近では、自身の同名セカンドシングルをモチーフにしたショートムービー『サクライロ』、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」にも出品された短編ラブストーリー『半分ノ世界』などの監督として、また映画愛と半端ない知識量を生かした審査員や映画解説者として、その才能を遺憾なく発揮しているが、このCMでは着ぐるみシロクマと共演する。

レニー・クラヴィッツの大ヒット曲「Are You Gonna Go My Way」のカッコいいギターリフに乗せて映し出されるのは、知的でクールなはずの斎藤さんが、シロクマと紙相撲をしたり、小さなサルにベストを着せようと唇を尖らせながら近づいてみたりする、何ともキュートな姿。

ちなみに、このシロクマ、『私の男』さながら(?)“流氷に乗っているうちに北米にたどりつき、暑さでバテているところを斎藤さんにウィルキンソンを飲ませてもらって以来、行動を共にしている”という設定まであるそう! 現在は紙相撲の「勝負編」、サルが登場する「去る編」が公開されているが、まだまだ続きがありそうな予感。

7月17日(木)スタートの上戸彩&吉瀬美智子主演の連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」では、上戸さんと不倫の恋に堕ちていく高校教師・北野役を演じることも話題となっているだけに、こちらのギャップCMにも心を奪われてしまいそうだ。


■東出昌大はちょっぴりシュールな子どもと絡んで新境地■

斎藤さんと同じくパリコレモデル出身で、いまや「あまちゃん」「ごちそうさん」で一躍全国区の顔となり、井上真央がヒロインを務める2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」に高良さんと共に抜擢された東出昌大が出演するアサヒ飲料「なないろウォーター」も、「かわいくて、おもしろい」と評判だ。

東出さんも “働くいまどき男子”役で、七色のシュールな被り物をした子どもたちに、なぜか公園や土手というシチュエーションで仕事や恋を相談。上司に怒られるのは「期待されてるってこと」、「そんなことも分かってへんの? まだまだ若いな」と突っ込まれる東出さんは、思わず「はい」と返事をしてしまうほど、やけに大人びた口調で上から目線の子どもたちに押されっぱなし。



「恋愛を語る編」では、「どないしたんや?」「フラレた…」と答える東出さんに「自分の悲しみを知って、初めて人の悲しみが分かるんや」と言われ、その深さに納得する様子も(?)。子どもたちの名演もあり、その独特のかわいらしさがある世界観に、ちょっぴり腰の引けた東出さんが意外にもハマッている。



東出さんは、染谷将太、深津絵里、橋本愛らを迎えた大人気コミックの実写映画化『寄生獣』にも参加することが発表され、不敵な笑みを浮かべるビジュアルが公開されたばかりだが、真逆ともいえるコメディ路線でも活躍できることを、このCMでは実証している。


■オダジョー&桐谷健太、中堅実力派もCMで路線変更!?■

さらには、東出さんと伝説的バイオレンス・アクションの続編『GONINサーガ』で共演することになった、いまや中堅的な実力派といえる桐谷健太にも注目。ハウス「ウコンの力」などでは、いつもどおりのアツい男なのだが、「カルピスオアシス」のCMでは一転、爽やか路線に。「カルピスオアシス」をひと口飲んだ桐谷さんが、ふいにウォータースライダーに落下し、ユニコーンのような馬型のウォーターボートで巨大なスライダーを滑走していく姿には、「かっこいい」という声はもちろん、「かわいい!」という声も上がっているほど。



また、前クールは主演も含め3本のドラマを掛け持ちし、中島哲也監督『渇き。』では終盤、役所広司扮する“狂犬”の父親・藤島と対峙して、その場を一気にかっさらっていくオダギリジョーも、コカ・コーラ「アクエリアス ゼロ」のCMではジャージ姿に拡声器という“ありえない姿”で登場。自動ドアが開かない男性と携帯を探す女性に、「これくらいの運動に」と「アクエリアス ゼロ」を手渡していく様子が、実にコミカルだ。



そして、水泳の北島康介選手と共に真夏のビルボードの中で丁々発止を繰り広げる新CMも登場。オダギリさんが北島さんの「チョー、気持ちイイ」の名セリフを奪うと、「その使い方やめてもらえます?」とツッコまれるバージョンなど、声だけの出演とはいえ、可笑しさがこみ上げてくる内容となっている。



すでに猛暑が続くこの季節、ドリンクCMとともに新たな魅力を振りまく俳優たちにも、ぜひ注目してみて。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top