【予告編】ニコール・キッドマン、ディオールの再現ドレスで登場『グレース・オブ・モナコ』

最新ニュース

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』-(C) 2014 STONE ANGELS SAS
  • 『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』-(C) 2014 STONE ANGELS SAS
  • 『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』-(C) 2014 STONE ANGELS SAS
  • 『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』ポスタービジュアル -(C) 2014 STONE ANGELS SAS
  • 『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』-(C) 2014 STONE ANGELS SAS
  • 『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』-(C) 2014 STONE ANGELS SAS
  • 『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』-(C) 2014 STONE ANGELS SAS
第67回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾った『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』。オスカー女優ニコール・キッドマンが、5か月に渡る役作りで“世紀のプリンス”グレース・ケリーを甦らせた本作から、予告編が解禁となった。

美貌と気品を兼ね備え“クール・ビューティ”と言われたグレース・ケリー(ニコール・キッドマン)は、ハリウッドで人気絶頂の中、モナコ大公レーニエ3世(ティム・ロス)と結婚するために女優を引退した。しかし“世紀の結婚”から6年経っても、グレースは宮殿のしきたりに馴染めずにいる。ハリウッドの巨匠ヒッチコックから映画界復帰の誘いを受け、心を動かされていたその時、モナコは存亡の危機に直面する――。

今回解禁された予告編では、グレースがハリウッドを去った6年後、国家存亡の危機に頭を抱えると夫・レーニエ公と、グレースが激しく口論している姿から始まる。



グレースは「たかが女優のくせに」と国民から後ろ指を指される始末で、自分の居場所を喪失していた。しかし、“モナコ唯一の武器”と称された彼女は、モナコを救う自ら“脚本”を執筆。外交儀礼、フランス語、話し方や微笑み方まで、厳しい訓練を受けて、完璧な公妃の“役作り”をする。そして、世界各国の指導者を招き、“一世一代の大芝居”を打って出るのだ。

ニコールは、大量の映像や資料を徹底的にリサーチ。グレースの身の振る舞いやアクセント、話し方を習得した。また、ニコール以外でも注目したいのが、完璧に再現された宮殿やドレス、ジュエリーの数々だ。衣装では、グレースが愛したデザイナー、マルク・ポアンが彼女のためにデザインしたドレスを「クリスチャン・ディオール(Christian Dior)」が再現。また、名立たるデザイナーの協力を得て、レーニエ公が贈った「カルティエ(Cartier)」の婚約指輪、3連ネックレスやティアラなど、精巧なレプリカも制作されている。

まずはこちらから、愛のために女優を捨てたグレースを熱演するニコールの女優魂をご覧あれ。

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』は10月18日(土)よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top