榮倉奈々、“朝ドラ俳優”賀来賢人らと共演! 湊かなえ原作ドラマ「Nのために」

最新ニュース

榮倉奈々&窪田正孝&賀来賢人&小出恵介&三浦友和/TBS金曜ドラマ「Nのために」
  • 榮倉奈々&窪田正孝&賀来賢人&小出恵介&三浦友和/TBS金曜ドラマ「Nのために」
  • 榮倉奈々/TBS金曜ドラマ「Nのために」
映画『告白』、ドラマ「夜行観覧車」「贖罪」など作品が次々と映像化され、そのたびに大反響を巻き起こしている人気ベストラー作家・湊かなえ。彼女が初めて描く純愛ミステリー「Nのために」が、榮倉奈々を主演に、窪田正孝&賀来賢人という朝ドラの若手注目俳優らを共演に迎え、10月スタートのTBS金曜ドラマ枠でドラマ化されることになった。

大学生の杉下希美(榮倉奈々)は、高校時代の同級生・成瀬慎司(窪田正孝)、同じアパートの住人の安藤望(賀来賢人)、西崎真人(小出恵介)と“ある計画”を立てたことで、超高層マンションの一室で起こった野口貴弘&奈央子夫妻の殺害現場に居合わせることに。だが、その場で西崎だけが逮捕され、自供から懲役10年が言い渡された。

それから10年後。西崎が出所を控える中、定年した元・警察官、高野茂(三浦友和)は謎が多く残された“野口夫妻殺人事件”を独自に追っていた。杉下希美と成瀬慎司は2人とも、高野が駐在として働いていた瀬戸内海の青景島の出身。2人が島で起こした“ある事件”からすべてが始まっていると、高野は確信していた――。

本作は、榮倉さんが演じる希美(Nozomi)を始め、窪田さん演じる成瀬(Naruse)、賀来さん演じる望(Nozomi)、小出さん演じる西崎(Nishizaki)、そして殺害された野口夫妻(NoguchiとNaoko)と、登場人物たちに共通するイニシャル“N”を軸を描かれる、湊かなえ原作の純愛ミステリー。彼らNたちは誰を愛し、どんな罪を犯したのか、現在と過去を行き来しながら、切ない真実がしだいに明らかにされていく。

屈折とトラウマから生まれた“究極の愛”を描く、この湊かなえワールドには、日本アカデミー賞「新人俳優賞」を受賞した『余命1ヶ月の花嫁』の好演以降も、今年公開『わたしのハワイの歩きかた』などで活躍を見せる榮倉さんが初挑戦。

共演には、「花子とアン」のヒロインの幼なじみ・朝市役を演じた窪田さん、 “兄やん”でお馴染みの吉太郎役の賀来さんという話題の“朝ドラ最旬俳優”とともに、舞台やドラマなど多方面で活躍する小出恵介、そしてベテランの三浦友和らが集結。さらに、プロデューサーの新井順子、脚本の奥寺佐渡子など、2013年のドラマ化も話題を呼んだ同枠の「夜行観覧車」のスタッフも再結集する。

「湊かなえさんの作品が好き」と語る榮倉さんは、すでに原作本も読んでいたようで、「人間関係の複雑さに魅了され、そして予想のできない展開に目が離せなくなり、気が付いたら1日で読み切りました」と激白。「その世界に自分が入れるなんて、いまだに信じられないほどうれしいです。純愛ミステリーということで、湊かなえワールドの愛を存分に感じたいと思います」と、気合い十分といった様子。

また、原作の湊さんも「私の(作品として)初のラブストーリーです」と明かし、「とはいえ、主人公と相手が紆余曲折を経て両想いになり、めでたし、めでたし、といった話ではありません。それなら、私が書く意味がない」とコメント。

「登場人物は皆、それぞれのNのために行動します。誰が誰のNなのか、こういう愛のかたちがあったのかと、たくさんの人たちが自分の大切な人を思い浮かべながら、この物語を楽しんでくださることを心より願っています」と期待を寄せた。

原作では詳しく触れられていない、10年後の“現代”の物語にもスポットが当たるという本作。純愛&ミステリーのドキドキとハラハラを、豪華キャスト陣が織り出すドラマから改めて感じることができそうだ。

金曜ドラマ「Nのために」は10月、毎週金曜夜10:00からTBS系にてスタート。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top