宮沢りえ、7年ぶり主演映画で「溜まったもの出し切った」 原作者・角田光代も絶賛

最新ニュース

宮沢りえ/『紙の月』完成報告会見
  • 宮沢りえ/『紙の月』完成報告会見
  • 宮沢りえ&大島優子&小林聡美&吉田大八(監督)&角田光代(原作者)/『紙の月』完成報告会見
  • 宮沢りえ/『紙の月』完成報告会見
  • 大島優子/『紙の月』完成報告会見
  • 小林聡美/『紙の月』完成報告会見
  • 宮沢りえ/『紙の月』完成報告会見
  • 吉田大八(監督)/『紙の月』完成報告会見
  • 角田光代(原作者)/『紙の月』完成報告会見
宮沢りえ主演で角田光代の人気小説を映画化した『紙の月』の完成報告会見が8月21日(木)に都内で開催され、宮沢さんと角田さん、共演の大島優子、小林聡美、吉田大八監督が出席した。

『桐島、部活やめるってよ』でセンセーションを巻き起こした吉田監督の最新作。平凡な妻であり、銀行の契約社員として外回りの仕事をこなしていた女性が、巨額の横領に手を染めるに至るさまを描き出す。

『オリヲン座への招待状』以来、7年ぶりの主演映画で堕ちていくヒロイン・梨花を演じた宮沢さんは「7年間でふつふつと溜めていたものを本当に出し切りました」と語り、「吉田監督のリードで梨花の輪郭がクッキリとしていく現場は、楽しいというだけではなかったですが、濃密でした」とふり返った。

この7年、舞台を中心に活動してきたが「タイミングというのはいつも大事にしていて『そろそろ映画やりたいな』と心の中で思った頃にこの話をいただきました。衝撃のシーンもあり、これまでやったことのない役でもあって、すぐに『やる』という気持ちになれない話でしたが吉田大八監督と仕事をしたい、見たことのない自分に出会いたいという思いでやることにしました。案の定、本当に見たことのない自分がいました」と充実感をにじませた。

原作者の角田さんは完成した映画を絶賛。「小説は“言い訳”を書いてしまいがちですが、この映画には言い訳も個人の正義も全く入ってないのが素晴らしい! 何ひとつ良いことは描いてないのに、観終わったときに爽快な気分になります。私にはとても書けないなと思いました」とコメントし、すかさず宮沢さんから「(角田さんが)書いてくださったのに…(笑)」とツッコミが入り、会場は笑いに包まれた。

角田さんは宮沢さんの演技についても「すごい迫力で怖かった。どんどん悪くなっていくのに、それに比例して透明な美しさが増していく」と語り、これには宮沢さんも「正直、やったー! という気持ちです」と満面の笑みを浮かべていた。

吉田監督は、原作にアレンジを加え、映画オリジナルキャラクターとして、梨花の銀行の同僚として小林さん演じる隅と大島さん演じる相川を生み出したが「この3人を揃えただけでも褒めてほしいです」と自信と手応えを口にした。

『紙の月』は11月15日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top