東京国際映画祭に『アップルシード』『進撃の巨人』『百日紅(仮題)』などアニメ映画が特別招待

最新ニュース

アップルシード アルファ Motion picture(C)2014 LPEI/SPWA, ARR.Comic book (C)2014 Shirow Masamune/Crossroad
  • アップルシード アルファ Motion picture(C)2014 LPEI/SPWA, ARR.Comic book (C)2014 Shirow Masamune/Crossroad
  • 劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~ (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
  • 『百日紅(仮題)』スペシャルプレゼンテーション(C)2014 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
  • ベイマックス (C)2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 寄生獣 (C)映画「寄生獣」製作委員会
  • THE NEXT GENERATION パトレイバー/エピソード10:暴走!赤いレイバー (C)2014 HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会
  • くるみ割り人形 (C)1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN
  • GARM WARS The Last Druid(ルビ:ガルム・ウォーズ ザ・ラスト・ドルイド) (C)I.G Films
10月23日から9日間の予定で第27回東京国際映画祭が開催される。ここ数年、アニメーションの強化が言われてきた映画祭だが、2014年はいよいよアニメーション映画の上映が本格化するようだ。すでにオープニン作品の『ベイマックス』、庵野秀明特集、宮本茂氏による『ピクミン ショートムービー』、『劇場版「進撃の巨人前編~紅蓮の弓矢~』が発表されているが、これにさらに多くの作品が加わる。
9月19日に本年の特別招待作品21本が発表されたが、このなかにアニメーション映画が多く含まれた。特別招待作品はコンペティション部門とはやや異なり、最新作を映画ファンに届ける役割を担う。アニメーションが映画祭の盛りあげに一役買う。

日本のアニメーションでまず注目されるのは、『百日紅(仮題)』スペシャルプレゼンテーションだろう。『カラフル』や『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』で高い評価を受けてきた原恵一監督の最新作だ。
杉浦日向子氏の代表作で、葛飾北斎とその娘・お栄を描いたマンガを2Dスタイルの劇場アニメとする。上映は映画全編でなく特別映像となるが、ここで最新映像が確認出来る。
2Dアニメでは大ヒット作となったテレビアニメシリズの劇場版『進撃の巨人前編~紅蓮の弓矢~』も話題を呼びそうだ。一方、『くるみ割り人形』は人形アニメーションの旧作をCGと3Dで新たな映画とした注目作だ。

日本発のCGアニメの技術も堪能出来る。『アップルシードアルファ』は待望の日本登場だ。『EX MACHINA』や『キャプテンハーロック』などで海外において高い評価を受ける荒牧伸志監督の最新作である。制作は日本で行われたが、声優は当初より英語でするなど海外展開を考えられた作品だ。国際映画祭らしい作品といえるだろう。
東京国際映画祭がワールドプレミアとなる押井守監督の『GARM WARS The Last Druid』も、日カナダの合作のためカナダの俳優陣による英語での収録になっている。こちらは実写映画にCGアニメーション的な処理を加えたもので、新しいCG映像に挑戦する。

海外からはディズニーの最新作である『ベイマックス』がやはり大きな注目を浴びるだろう。アニメーションファンからも人気が高いティム・バートン監督の『ビッグ・アイズ(原題)』のフッテージ上映も押さえておきたい。
さらにマンガやアニメを原作とする実写映画『寄生獣』、『THE NEXT GENERATIONパトレイバー/エピソード10:暴走!赤いレイバー』もある。アニメファンも存分に楽しめる映画祭になる。

多くの作品は上映に併せて、スタッフ、キャスト、関係者などの挨拶やトークが行われそうだ。映画祭ならでは華やかさを演出する。
上映スケジュールやゲストは今後となる。チケットの発売は10月11日から始まる。

第27回東京国際映画祭 特別招待作品
『アップルシード アルファ』
『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』
『GARM WARS The Last Druid(ルビ:ガルム・ウォーズ ザ・ラスト・ドルイド)』
『くるみ割り人形』
『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』
『THE NEXT GENERATION パトレイバー/エピソード10:暴走!赤いレイバー』
『ザ・レイド GOKUDO』
『サンバ』
『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』
『救いたい』
『チェイス!』
『デビルズ・ノット』
『天才スピヴェット』
『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス 50年の挑戦』
『花宵道中』
『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』
『もしも建物が話せたら』
ビッグ・アイズ(原題)フッテージ上映
「ティム・バートンの世界」×第27回東京国際映画祭提携企画「ビッグ・アイズ」スペシャル・プレゼンテーション
『百日紅(仮題)』スペシャルプレゼンテーション
『寄生獣』
『ベイマックス』

第27 回東京国際映画祭
http://www.tiff-jp.net
開催期間:10月23日(木)~10月31日(金)
会場: 六本木ヒルズ(港区)、TOHOシネマズ 日本橋(中央区)、歌舞伎座(中央区)
TIFFCOM2014(Japan Content Showcase 2014)
http://jcs2014.com/ja/
10月21日(火)~10月23日(木)

東京国際映画祭に「進撃の巨人」「アップルシード」「百日紅(仮題)」などアニメ映画が特別招待

《animeanime》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top