堺雅人×新垣結衣「リーガルハイ」復活! 11月にスペシャルドラマ

最新ニュース

堺雅人(古美門研介役)&新垣結衣(黛真知子役)/ドラマ「リーガルハイ」
  • 堺雅人(古美門研介役)&新垣結衣(黛真知子役)/ドラマ「リーガルハイ」
  • 堺雅人(古美門研介役)&新垣結衣(黛真知子役)/ドラマ「リーガルハイ」
  • 堺雅人(古美門研介役)&新垣結衣(黛真知子役)/ドラマ「リーガルハイ」
偏屈・毒舌・皮肉屋・気分屋・浪費家・人格破綻者…なのに勝率100%の敏腕弁護士・古美門研介(こみかど けんすけ)――堺雅人のハマり役と言われる強烈キャラで人気を博した、フジテレビの連続ドラマ「リーガルハイ」。同シリーズがスペシャルドラマとなって11月に復活することが、このほど明らかとなった。

偏屈で毒舌な上に気分屋で超わがままだが、なぜか憎めない堺さん演じる古美門と、社会正義の使命に燃えるが、頑なで融通の利かない新垣結衣演じる黛の“最強凸凹コンビ”が法廷を舞台に奮闘する姿を描き、2012年に第1シーズンの放送、さらに昨年には4月にスペシャルドラマ、10月に第2シーズンも放送され、女性ファンを中心に人気を集めている本シリーズ。

大人が笑える極上コメディーとして、第50回ギャラクシー賞や第39回放送文化基金賞のテレビドラマ番組部門本賞、東京ドラマアウォードの優秀賞、ならびに主演男優賞(堺雅人)など、数々の賞を獲得し高い評価を得た。

今回のスペシャルドラマでは、巨大総合病院の医療過誤問題をテーマに物語が展開する。ある日、古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)のもとに、巨大総合病院から弁護の依頼が入る。依頼は、1年前に病院内で死亡した患者の妻・中原さやかが弁護士を立て、病院に対してクレームを入れてきた件を処理してほしいという内容。お安いご用と依頼を引き受けた古美門が対峙した相手側の弁護士・九條和馬は、うだつの上がらない中年で、正式に病院を訴えるのではなく、依頼人の夫が死んだ原因を院長である赤目義二の医療過誤と決めつけ、病院から金を巻き上げようとするような、いわゆる“たかり弁護士”だった。

もちろん、百戦錬磨で舌鋒鋭い古美門に、“たかり弁護士”の九條がかなうわけもなく、あっさりと追い払われてしまう。しかし、その後、古美門のもとに、九條が病院を医療過誤で訴えてきたと赤目院長から連絡が入る。初めは、九條のことを「ゆすり・たかりの野良犬」と決めつけ、余裕を見せていた古美門だが、法廷で“たかり弁護士”ならではの戦い方を見せる九條に苦戦を強いられることになるのだが…。

堺さんは、今回の復活にこんなコメントを寄せている。
「今回、4度目の『リーガルハイ』です。こうして何度も作られる、息の長い作品に参加できることは、役者にとって大きな喜びです。改めて、このドラマを愛してくださる皆さまに感謝します。新垣結衣さん始め、素晴らしい共演の皆さんと力を合わせ、頑張りたいと思います。今回の見どころは、なんといっても新キャラクター・九條です。男くさくて、もの悲しい、実に魅力的な人物で、台本を読んで、できればこっちを演じたいと思ってしまいました。もちろん、服部さんや蘭丸、ライバルの三木先生や沢地など、おなじみのメンバーも健在です(あ、井手も)。いつもと変わらない、それでいて一味ちがう気がしなくもない、スペシャルドラマ『リーガルハイ』、どうぞご期待ください」。

また、新垣さんは「こんなにシリーズとして長く同じ役をやるのは私個人初めて」と驚きと喜びのコメントを寄せる。さらに、「服部さんのおいしい料理と、古美門先生の華麗な裁判裁き、レギュラー出演者の皆さんとの再会、そして新たな出演者の皆さんとどんな化学反応を起こすのか楽しみです」と意気込みも十分な様子。

新キャラクターのキャスティングが今後、注目を集めそうだ。

土曜プレミアム「リーガルハイ・スペシャル」は11月22日(土)21時~フジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top