永作博美&佐々木希が紡ぐ珠玉ドラマ『さいはてにて』、海外映画祭から招待の嵐

映画

永作博美&佐々木希/『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』 (C)2014「さいはてにて」製作委員会
  • 永作博美&佐々木希/『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』 (C)2014「さいはてにて」製作委員会
  • 『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』に出演する永作博美&佐々木希
角田光代原作の『八日目の蝉』で日本アカデミー賞など各賞を総ナメにした永作博美と、沢尻エリカ主演のドラマ「ファーストクラス」にもカムバックすることになった佐々木希が主演する『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』

このほど本作が、カナダで開催中の北米最大の映画祭のひとつ、第33回バンクーバー国際映画祭の正式招待作品として9月27日、29日(現地時間)に上映されるほか、釜山、ロンドンなど、多くの有名映画祭に続々と招待されていることが分かった。

生き別れた父を探すため、日本のさいはて・奥能登の海辺に戻り、焙煎珈琲店「ヨダカ珈琲店」を開いた岬(永作博美)。その店の向かいにある民宿に、子連れのシングルマザーの絵里子(佐々木希)がやってくる。海辺にできた珈琲店に興味を示す絵里子の子どもたちに、岬は優しく手をさしのべる。だが、絵里子は生き方も価値観も違う岬を受け入れられずにいた。やがて、1杯の珈琲が、ふたりの女性の傷ついた心を癒やしていく――。

凛々しい佇まいの中に哀しみをにじませる岬を永作さんが演じ、佐々木さんは初のシングルマザー役に挑戦。強さと弱さが同居する絵里子の複雑な想いを体現し、女優として新境地を見せている。

そんな本作の監督は、アジアの名匠エドワード・ヤンの後継者ともいわれている台湾出身の女性監督・姜秀瓊(チアン・ショウチョン)。撮影はロンドンを拠点に活躍する真間段九朗と、海外の才能溢れる若手映画人たちが集結。

日本初の世界農業遺産にも登録された美しい奥能登、石川県珠洲市でオールロケを行い、本物の家族以上に深くつながり合う隣人たちの姿をやさしい目線で紡ぎ出していく。

本作が出品されるのは、開催中のバンクーバー国際映画祭、10月2日~11日まで開催される第19回釜山国際映画祭ほか、第58回ロンドン映画祭、第34回ハワイ国際映画祭、第11回香港亜洲電影節など、全世界5か国の由緒ある映画祭ばかり。さらにほかの映画祭からも招待依頼が続々届いているという。

美しい能登の海や里山を舞台に、日常から人と関わることの喜びを見つめ直していく珠玉のヒューマンドラマ。普遍の物語は、世界中の人たちの心にも寄り添うことだろう。

『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』は2015年2月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top