ハリウッド実写版『攻殻機動隊』、スカーレット・ヨハンソン主演で製作

映画

スカーレット・ヨハンソン/『her』 in 第8回ローマ国際映画祭-(C) Getty Images
  • スカーレット・ヨハンソン/『her』 in 第8回ローマ国際映画祭-(C) Getty Images
  • スカーレット・ヨハンソン -(C) Getty Images
  • 『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』 -(C) 2011 士郎正宗・Production I.G / 講談社・攻殻機動隊製作委員会
  • スカーレット・ヨハンソン×リュック・ベッソン/『LUCY』-(C)2014 Universal Pictures
  • スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ役)/『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 -(C) 2014 MARVEL. ALL RIGHTS RESERVED.
  • スカーレット・ヨハンソン
  • スカーレット・ヨハンソン/『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』プレミア in L.A.
  • スカーレット・ヨハンソン-(C) Getty Images
アニメ作品を始め、映画や小説など様々な作品に影響を与えてきた、士郎正宗・原作のコミック「攻殻機動隊」。ハリウッドで映画化されるという情報が昨年から噂さされてきたが、このほど主人公にあたるキャラクターにスカーレット・ヨハンソンが正式キャスティングされたと、海外サイト「SCREEN RANT」が伝えている。

日本ではTVアニメや劇場版作品などシリーズ化もされる人気作品とあって、その独特の世界観を愛するファン層はかなりコア。1995年に押井守によって製作された劇場版『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は今なお愛され続けているだけに、ハリウッドでの映画化にネット上では賛否が巻き起こっている。

そんな注目を集める同作でスカーレットが演じるのは、全身義体化した女性型サイボーグ・草薙素子にあたるキャラクターとなるよう。ハリウッド版として新解釈を加えて脚色され、主人公やその他のキャストの名前も変更されるようだが、詳細は現在のところ不明だ。

ちなみに、草薙素子は「公安9課」と呼ばれる情報機関に属し、戦場での肉弾戦・心理戦に加え、高度なハッキング技術でネット上での情報戦などあらゆる戦術を使いこなし隊を導く戦士である一方、多くは語られない過去がありミステリアスな雰囲気をまとっているひとりの女性でもある。

スカーレットはこれまでに、マーベル・コミック原作の映画『アベンジャーズ』('12)でヒーローのひとり“ブラック・ウィドウ”を演じた経験があるが、同作ではそれ以上のアクションが見られるのでは…と期待の声も上がっている。さらに「攻殻機動隊」といえば、新時代を思わせる独特のコスチュームも魅力とあって、“セクシー女優”という冠がたびたび付いてまわるスカーレットがどんな着こなしを見せるのかにも注目だ。

映画の製作は『シュレック』や『トランスフォーマー』などで知られるドリームワークスが手がけることになるよう。監督にはクリステン・スチュワート主演作『スノーホワイト』のルパート・サンダースが抜擢されているということだが、CM業界出身の監督とあって美しいビジュアルを押し出した作品になるのではないだろうか。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top