「ゲスの極み乙女。」、岡田将生・主演映画で主題歌担当! 新曲2曲書き下ろし

映画

岡田将生主演『ストレイヤーズ・クロニクル』主題歌を担当する「ゲスの極み乙女。」/(C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 岡田将生主演『ストレイヤーズ・クロニクル』主題歌を担当する「ゲスの極み乙女。」/(C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 岡田将生/『ストレイヤーズ・クロニクル』 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 『ストレイヤーズ・クロニクル』ティザーポスター (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 昴(岡田将生)/『ストレイヤーズ・クロニクル』 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 学(染谷将太)/『ストレイヤーズ・クロニクル』 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 亘(白石隼也)/『ストレイヤーズ・クロニクル』 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 良介(清水尋也)/『ストレイヤーズ・クロニクル』 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 壮(鈴木伸之)/『ストレイヤーズ・クロニクル』 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
岡田将生、染谷将太など新時代の豪華キャストが競演を果たす映画『ストレイヤーズ・クロニクル』。このほど、本作の主題歌および挿入歌を、人気4人組バンド「ゲスの極み乙女。」が担当することが決定。新たに「ロマンスがありあまる」「サイデンティティ」の2曲を書き下ろすことが明らかとなった。

本作は、ある極秘機関によって生み出された、“進化した”2組の特殊能力者たちが主人公。宿命によって引き合わされた能力者たちの、希望を未来につなごうとする者と絶望的な未来を破壊しようとする者とに分かれた壮絶な戦いを、葛藤や仲間との絆といった人間ドラマも交えながら、濃密に描き出す。『アントキノイノチ』の瀬々敬久監督のもと、本格アクション初挑戦の岡田さんを主演に、染谷将太、成海璃子、松岡茉優、白石隼也、高月彩良、清水尋也、黒島結菜ら若手実力派俳優が結集していることでも、早くも注目を集めている。

そんな本作で、主題歌を担当することとなった「ゲスの極み乙女。」。若者やサブカル層に人気の彼らだが、主演の岡田さんも大ファンとのこと。「大好きな瀬々監督作品に大好きな『ゲスの極み乙女。』が主題歌になりました! 作品を撮ってるときは毎日聴いてました。これで僕も“ゲス”になれた気がします。『ロマンスがありあまる』最高すぎます!」と喜びいっぱいにコメント。

「ここまで時間を忘れた映画はなかなかありません」と本作の世界観にすっかり引き込まれたという「ゲスの極み」ヴォーカル&ギター担当の川谷絵音は、主題歌「ロマンスがありあまる」について、「台本にあったセリフの一部分をそのまま歌詞のAメロの一部に使いました。映画の中でもかなりグッとくるセリフで『是非使わせて下さい』と制作側にお願いしたところ、快く承諾いただいたので使わせていただきました」と明かしている。 

また、sigh(溜息をつく)とidentity(自己同一性)を含んだ造語から成る挿入歌「サイデンティティ」については、「映画の後半がよりドラマチックになるように計算して作りました。特にサビの爆発力は映像にかなり合っていると思います」と自信を覗かせる。「アイデンティティがわからなくて溜息をついている様を表現しました。映画に出てくる若者たちが自分たちのいる意味を必死に探していて、でもそれが見つからないでいる様に重ねました」。

そして瀬々監督も、主題歌の「歌詞の中にある『死に物狂いで生き急いでんだ』にグッと来た」そうで、「この楽曲は、若い衆にも、そんな盛りを過ぎた人にも、言えば気恥ずかしくなる青春という言葉がもっと生々しく感じられるよう、映画に広がりを与えてくれた気がする。ホント、ありがとう、なのです」と絶賛の言葉を贈る。

4月22日(水)には2ndシングル「私以外私じゃないの」の発売が決定している中、新たな書き下ろし楽曲で初の映画主題歌、しかも超大作への抜擢となった「ゲスの極み乙女。」。スクリーン上で炸裂する、進化した若者たち×進化した音楽のコラボレーションに注目が集まりそうだ。

『ストレイヤーズ・クロニクル』は6月27日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top