市川染五郎、12年前の自身の姿を自賛! 「僕たちってすごい(笑)!」

最新ニュース

市川染五郎と天海祐希/『阿修羅城の瞳 2003』
  • 市川染五郎と天海祐希/『阿修羅城の瞳 2003』
  • 市川染五郎/『阿修羅城の瞳 2003』
  • 天海祐希/『阿修羅城の瞳 2003』
  • 海祐希/『阿修羅城の瞳 2003』
  • 市川染五郎と天海祐/『阿修羅城の瞳 2003』
  • 市川染五郎/『阿修羅城の瞳 2003』
  • 天海祐希/『阿修羅城の瞳 2003』
  • 市川染五郎と天海祐希/『阿修羅城の瞳 2003』
「劇団☆新幹線」の人気公演を映画館で体感する“ゲキ×シネ”の原点とも言える『阿修羅城の瞳 2003』のデジタルリマスター版の全国上映に先立ち、4月4日(土)に先行上映会が開催。主演の市川染五郎と天海祐希が舞台挨拶に登壇した。

「新感線」の舞台で幾度となく上演されてきた人気演目で映画化もされた本作。人と鬼の激しい戦いが繰り広げられる江戸で、凄腕の“魔事師”であった出門はある事件をきっかけに全てを捨てて鶴屋南北の弟子となっていた。だが、謎の女・つばきとの出会いが彼を再び戦いへといざなうことに…。

12年前の自身の姿に天海さんは「若かったねぇ…。ビックリしました」としみじみ。「(上映は)嬉しいですけど、若いのを見られるのは恥ずかしい気もしました」と語る。一方の染五郎さんは「僕たちってすごいな…とひたすら自画自賛してました(笑)。とにかく、僕たちすごい」と自らの姿にウットリ。会場は笑いと拍手に包まれる。

染五郎さんは、2000年上演の「阿修羅城の瞳」で新感線に初めて参加。「初めて見たのが池袋サンシャイン劇場での『髑髏城の七人』でいつか『新感線』から声のかかる役者になりたいと思った」と明かすが、まさにその夢を実現した。「やるのと見るのは大違いで、あれだけキツく、しんどい稽古はいまだかつてない!」とそのすさまじさを述懐。さらに「ツッコミのシーンを橋本じゅんさんとマンツーマンで近くの公園で稽古しました…(笑)」と懐かしい思い出を明かしてくれた。

天海さんはこの2003年の上演で「新感線」初参戦となったが、2000年の上演では舞台での共演経験もある富田靖子がつばきの役を務めている。実は天海さんはこの頃から「新感線」の舞台への出演を熱望していたようで「2000年のはビデオをいただいてたんですが、悔しくて見られなかったんです。2003年に出ることになってやっと拝見しました」と明かす。つばき役に関しては「(2000年版の)富田やっちゃんが素敵でどうしようもなくかわいくて…私にはこれは出来ないと思って、素敵なところは吸収して私なりのつばきができればと思った」と語った。

互いの印象について尋ねると染五郎さんは「再演で天海さんになると聞いて…『大きいな!』と(笑)」と素直な感想を口にし、天海さんはふくれっ面。一方の天海さんは「染ちゃんは体力面が違う! 安定感があって立ち回りも美しかった」と称賛。今回、ゲキ×シネで久々に当時の姿を見て「見終わって(染五郎さんに)『まああなた、ホントキレイねぇ』とおばちゃんみたいになってました」と語り、会場は再び笑いに包まれていた。

『阿修羅城の瞳 2003』は4月11日(土)より全国にて公開。同じくゲキ×シネの『蒼の乱』が5月9日(土)より公開となる。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top