【特報映像】新作『トランスポーター』 、新星エド・スクレインで始動!

映画

『トランスポーター イグニション』ー(C)2014 ー EUROPACORP ー TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』ー(C)2014 ー EUROPACORP ー TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』ー(C)2014 ー EUROPACORP ー TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』ー(C)2014 ー EUROPACORP ー TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』ー(C)2014 ー EUROPACORP ー TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』ー(C)2014 ー EUROPACORP ー TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』ー(C)2014 ー EUROPACORP ー TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • リュック・ベッソン監督 -(C) 2006 EUROPACORP
『LUCY/ルーシー』『96時間』シリーズのリュック・ベッソンを筆頭とした製作陣が贈る新たなシリーズの始まり、『トランスポーター イグニション』(原題:『THE TRANSPORTER REFUELED』)の日本公開が決定! 併せて、特報映像も到着した。

トランスポーターは、ブラックスーツに身を包み冷静沈着にワケありの依頼品を送り届けるプロの運び屋。愛車のアウディS8を自在に操るドライビングテクニックと、いかなる敵をも華麗になぎ倒す、類稀なる格闘センスを兼ね備えた男。

運び屋には3つのルールがある。1「名前を聞かない」、2「契約厳守」、3「依頼品は開けない」。そのいずれかを破ったときは、死。彼は、自らに過酷なルールを課しながらも、迫り来る絶体絶命の危機を乗り越え、依頼を遂行する――。

妖艶な魅力を漂わせる美女アンナからの依頼で、フランク(エド・スクレイン)の愛車に乗り込んだのは3人の美女。だが、フランクには銃口と囚われた父親の映像が突き付けられる。人質となった父親の身体を猛毒が蝕み、命の期限は12時間に迫っていた。フランクはルールに反する依頼を強制され憤慨するも、彼女たちには、フランクの特殊部隊時代のライバル、“狂人”カラソフが率いる巨大売春カルテルの魔の手が迫っていることを知る。

天才運び屋は自らのルール、守るべき使命、そして父の命の間で揺れ動くが、この依頼には愛する者からの裏切りが待ち受けていた…。

ジェイソン・ステイサムの代名詞的ヒット作となった『トランスポーター』の新生シリーズで、2代目フランク・マーティンを演じるは、エド・スクレイン。ミラ・ジョボヴィッチら数々のスターを生み出してきたリュック・ベッソンが大抜擢した、圧倒的才能を持つ。



届いた映像でも、新たなトランスポーターは怒濤のアクションを展開。決死の表情で両手に持った武器で敵と戦ったかと思えば、海上でボートからジェットスキーへと飛び移るフランク。さらには、愛車に乗ったまま飛行場で空を舞うという具合に、陸・海・空を制覇し、『トランスポーター』史上、最速最強のアクションを魅せてくれる。

同時に公開となったティザーポスターは、エドのクールなスーツ姿と激しいカーアクションシーンが映し出されるビジュアルに仕上がっている。さらに、場面写真での美しい車、そして謎の美女のビジュアルから、新シリーズへの期待感が高まる。

2003年の第1作目公開より2009年の第3作まで、3,000万人以上もの観る者を虜にし続けた『トランスポーター』。6年の時を経て、その天才運び屋がついに始動する興奮度MAXな映像を、まずはコチラから覗いてみて。

『トランスポーター イグニション』は10月24日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top