沖縄で極上のデトックスタイム!CHURASPAの「琉球チャクラストーリー」

最新ニュース

天然温泉「ちゅらスパ」露天風景。
  • 天然温泉「ちゅらスパ」露天風景。
  • CHURASPA スクラブ トリートメントイメージ。
  • 「ロワジール スパタワー那覇」外観。
アーユルヴェーディックな時間が流れる沖縄は、国内屈指のディスティネーション。沖縄の那覇空港から、車で7分の「ロワジール スパタワー那覇」の「CHURASPA(チュラスパ)inspired by SMART ARYURVEDA」では、沖縄ならではの独特な文化や音楽、香りやテイストを取り入れた贅沢なスパ&ステイプラン「琉球チャクラストーリー」(アーユルヴェーダ スパ&ステイプラン)を用意している。

「The Day Spa」が展開する「CHURASPA(チュラスパ)inspired by SMART ARYURVEDA」は、五感に働きかけ、身体だけでなく心や氣のバランスを取り戻すスパトリートメントを提供し、世界のトップスパを選ぶ「ワールドラグジュアリースパアワード2016」に、世界中のスパの中からノミネートされた実力のスパ。

「琉球チャクラストーリー」には、3泊4日(朝食付き)と7泊8日(朝食付き)の2つのロングステイプランがあり、プログラム中はアーユルヴェーダ体質チェックにより、自分に合った食事の仕方や水分の取り方、琉球湯治・ヨガ・瞑想・運動の仕方など、滞在中のお肌や身体のセルフケアについてもアドバイスしてもらえる。またスパトリートメント後には、その日の体調やお肌の状態をみてセラピストが選んでくれたアーユルヴェーダコスメを毎日もらうことができる。

トリートメントプログラムの中で特徴的なのが、併設された天然温泉「琉球湯治(天然温泉)」をプログラムに組み込んだことや「うちなー薬草テント」といった沖縄のエレメントを取り入れたアーユルベーディックなトリートメントの数々だ。「琉球湯治(天然温泉)」は、約800万年前の化石海水をひいた天然温泉で、トリートメントの前に入ることでトリートメント効果をさらに高めることができる。「うちなー薬草テント」は、沖縄ならではのよもぎなどの薬草の蒸気を満たしたテントに入って血行促進と老廃物の排泄を促すもので、薬草の香りでリラックス効果もある。どちらも癒し効果抜群だが、軽い運動をしているくらいしっかり汗もかくので、プログラム全体をしてもアグレッシブな燃焼系のトリートメントとなっている。

3泊4日、または7泊8日の滞在中、その日アプローチするチャクラごとに用意された「アビヤンガ」「シロラーダ」「リンパドレナージュ」「腸セラピー」など、さまざまなアプローチのスパトリートメントを体験できる。ステイが終わる前に、体質改善が行われてしまうくらい劇的なデトックスが訪れる人も少なくない。

さらに沖縄の土地柄を生かした豊富なオプションもおすすめだ。自由時間もたっぷりあるプランなので、沖縄のスピリチュアルスポットやヨガ・WATSUなどのアクティビティにトライすることができる。

1年に1度のご褒美に、カップルで記念日になど、スペシャルなスパ時間をお探しなら沖縄のアーユルヴェーダプログラムをぜひ検討してみては。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top