“ヒロイン”あなごの美猫写真20連発!『猫侍 南の島へ行く』

映画

『猫侍 南の島へ行く』(C)2015「続・猫侍」製作委員会
  • 『猫侍 南の島へ行く』(C)2015「続・猫侍」製作委員会
  • 『猫侍 南の島へ行く』(C)2015「続・猫侍」製作委員会
  • 『猫侍 南の島へ行く』(C)2015「続・猫侍」製作委員会
  • 『猫侍 南の島へ行く』(C)2015「続・猫侍」製作委員会
  • 『猫侍 南の島へ行く』(C)2015「続・猫侍」製作委員会
  • 『猫侍 南の島へ行く』(C)2015「続・猫侍」製作委員会
  • 『猫侍 南の島へ行く』(C)2015「続・猫侍」製作委員会
  • 『猫侍 南の島へ行く』(C)2015「続・猫侍」製作委員会
北村一輝演じるコワモテの剣豪と、白猫のツンデレな関係が大人気の『猫侍』シリーズ。先日公開された映画第二作『猫侍 南の島へ行く』のヒットスタートを記念し、このたび、白猫・玉之丞を演じるあなごの撮り下ろし写真20点を一挙公開。また、写真家の石川登栂子と動物トレーナーによるマル秘コメントも寄せられた。

“まだら鬼”の異名を持つコワモテの剣豪・斑目久太郎(北村一輝)。江戸での仕官が叶わず、故郷の加賀藩で浪人生活を送る久太郎は、愛猫・玉之丞を連れて土佐藩へと旅立つことに。だが、たどり着いた“南の島”には思いもよらない冒険が待ち受けていて…。

9月5日(土)に公開初日を迎え、満席&立ち見が出るという盛況を博した本作。そんな予想外のヒットスタートを記念して、ドラマ版&映画版のロケを行ったEDO WONDERLAND 日光江戸村にて撮り下した、玉之丞役のあなごの厳選写真20点が公開。ハードな(?)撮影の苦労もどこへやら、マイペースにくつろぐあなごちゃんの様子は、キュンとすること間違いなしの必見写真だ。

今回の写真公開に伴い、日本アカデミー賞授賞式公式カメラマンでもある写真家の石川さんが「猫をかわいく撮る」とっておきの3か条を教えてくれた。

(1)猫の目線に下がる
猫をこわがらせないために上から撮らず、猫の目線まで下がること。被写体が警戒心の強いノラ猫の場合は、遠くからズームで撮った方が無難。

(2)動きは連写でおさえる
あくびや顔を洗う動作は、連写での撮影がオススメ。何回か撮っていれば、良く撮れた1枚が必ずあるはず。スマホの連写機能でもOK。

(3)ポイントは猫の“目”!
レフ板代わりに顔の下に白い紙を置くだけで、目がキラキラに。また、明るい場所よりも、少し暗い場所で撮影した方が黒目が大きくなる。

また、あなごを担当するトレーナー、北村まゆみさんは、玉之丞役をあなごとさくら(2匹で一役)のどちらが演じているのかを見分けるというマニアックな楽しみ方をするファンもいると明かすとともに、「朝初めて会ったとき、北村さんがワントーン上がった声で『あ~な~ご~』って言うのがお決まりの挨拶で、そのあと必ず頭頂部の匂いを嗅ぐんです(笑)。もう、本番だからとかカメラが回ってるかとかに関係なく可愛がっていますから」と、北村さんのデレデレっぷりを暴露。

また、ドラマのSeason2の撮影時には、あなごの演技を見た北村さんが、以前飼っていた愛猫・姫ちゃんにその姿を重ね、無意識に「なんだよ、姫」と呼んでしまったという一幕も。久太郎の部屋に猫がたくさん来て、玉之丞だけがタンスの上から冷ややかに見ている、というシーンだっただけに、「ホントにあなごが芝居に入って『私の久太郎に何するのよ』みたいな空気を醸し出していた可能性もありますよね」という撮影秘話も披露した。

今年の7月に17歳を迎えたとは思えないほど、あなごも元気に大活躍している、最新作『猫侍 南の島へ行く』。プロの動物トレーナーも「本当にツンデレ」と認めるその可愛さと、北村さんとの絶妙な掛け合いを、ぜひスクリーンで堪能してみて。

『猫侍 南の島へ行く』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top