ポール・ラッド、『アントマン』引っさげ初来日!神対応でファンを魅了

映画

ポール・ラッド/成田空港
  • ポール・ラッド/成田空港
  • ポール・ラッド/成田空港
マーベル史上、最小最強ヒーローとして話題の『アントマン』の公開に先駆けて、アントマンことスコット・ラング役のポール・ラッドが、この度初来日。9月14日(月)、21時頃に成田空港へ到着し、ファンの熱い出迎えに神対応で応じた。

仕事も人間関係も空回りばかりの主人公スコット・ラング。仕事も家族も失い、別れた妻と暮らす最愛の娘の養育費を払えないせいで会うことすら許されない…絶体絶命の彼にオファーされた唯一の“仕事”。それは、身長わずか1.5cmになれる驚異の“スーツ”を着用し、未知なる潜在能力を持つ“アントマン”となることだった! 最愛の娘のために猛特訓を開始した彼は、本当のヒーローとなり、人生のセカンド・チャンスをつかむことができるのか? そして、アントマンに託された決死のミッションとは…?

仕事も家庭も失った崖っぷち男のスコット役を演じたポールは、『40歳の童貞男』や『ウォールフラワー』などコメディ映画を中心に幅広く活躍する人気俳優。そんな彼をひと目見ようと、この日、遅い時間にもかかわらず到着ゲートには約100人ほどのファンが待機。キャップ帽に黒のリュックサックというマーベルヒーローらしからぬラフな“アリのまま“の姿で現れたポール・ラッドの姿が見えるやいなや、ゲートは黄色い声援に包まれたという。

この日のために用意したというアリの模様が描かれた手作りのウェルカム・ボードや、アントマングッズを持った熱狂的なファンの姿など、初来日で盛大なお出迎えを受けたポールは、「遅い時間なのにこんな沢山の人に迎えてもらい本当に幸せです。素敵なサプライズに感激しています、日本のみなさん本当にありがとう!」と驚きとともに大感激した様子。

次から次へとサインや写真を求めるファンに対し、長旅の疲れも感じさせない満面の笑みを見せながら1人1人丁寧にファンサービスをするという神対応をみせ、彼自身の人柄が感じられる気さくな振る舞いで女性ファンを魅了した。

初来日となった今回、日本で楽しみにしていることを聞かれたポールは、「ずーっと前からこの日が来るのを楽しみにしていたんだ! とにかく全く日本を知らないから色んなものをみてみたいな」と日本に興味深々。

また、本日9月15日(火)に行われるプレミアイベントについては「とても楽しみにしているよ。日本のみなさん、また明日逢いましょう!」とメッセージを残し、声援止まぬ中ロビーを後にした。

『アントマン』は9月19日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top