『アントマン』を探せ!? “最小ヒーロー”が日本各地に出現!

映画

ポール・ラッド&要潤、香川県(うどん県)とコラボ /『アントマン』(C)Marvel 2015
  • ポール・ラッド&要潤、香川県(うどん県)とコラボ /『アントマン』(C)Marvel 2015
  • アントマンミニチュア&長崎のカステラ/『アントマン』(C)Marvel 2015
  • アントマンミニチュア&福岡のとんこつラーメン/『アントマン』(C)Marvel 2015
  • アントマンミニチュア&佐賀のいかしゅうまい/『アントマン』(C)Marvel 2015
  • アントマンミニチュア/『アントマン』(C)Marvel 2015
  • フィギュア行方不明?『アントマン』(C)Marvel 2015
  • 『アントマン』 (c)Marvel 2015
  • ポール・ラッド/『アントマン』(C)Marvel 2015
マーベルが生んだ、わずか1.5cmのヒーローを描く『アントマン』。特殊な“スーツ”を着て小さく変身することで強力なパワーを得た、最小にして最強ヒーロー、アントマンが日本各地に出現していることが分かった。

◆要潤が副知事の“日本最小”県が最小ヒーローを応援!
“うどん県”としても知られる香川県は、面積1,876平方キロメートルと日本最小の県…ということで、なんと県をあげて『アントマン』を応援! 香川県内の220か所以上および首都圏・大阪の20か所以上の施設や店舗のどこかに、アントマンの等身大1.5cmのシールが貼ってあり、そのアントマンシールを見つけると、素敵なプレゼントが当たるという。

また先日、主演のポール・ラッド、ペイトン・リード監督と、うどん県副知事である要潤さんとの“最小最強”対談も実現。ヒーロー役でデビューした要さんは、ポール・ラッドのヒーローの苦労について共感した様子。ポール・ラッドも要さんからのプレゼントである「さぬき讃フルーツのシャインマスカット」「讃岐かがり手まり」、さらに「アントマンの絵が描かれた讃岐提灯」には大興奮だった。

◆九州出身のミニチュアアーティストが制作! 可愛すぎるアントマン
ミニチュア人形と日常の道具が織り成す不思議な写真を、「MINIATURE CALENDAR」として毎日カレンダー形式でホームページやSNSで更新している、鹿児島在住のアートディレクター田中達也さんが、等身大のアントマンを制作。

福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島と九州7県の特産品とコラボし、映画『アントマン』の世界観を描いた全9作品を完成させている。カステラを突き抜けるアントマンや、とんこつラーメンで釣りをするアントマンなどは、手元に置いておきたくなるくらい可愛さ倍増!? 

◆失踪事件勃発? 
今回、一部の映画館やモールなどで展示が行われていたアントマンの1.5cmの等身大極小フィギュア。「実際に見るとこんなに小さいなんて!」と多くのファンをびっくりさせていたのだが、なんとイオンモール広島府中で展示されていた1体が、突然姿を消してしまったのだ。映画のように、宿敵を倒しに行ってしまったのだろうか、いまだその消息は分かっていないという。

離れて暮らす最愛の娘にとって良き父親でありたいと、驚異の“スーツ”によって未知なる潜在能力を持つアントマンとなった主人公が、人生のセカンド・チャンスをつかもうと奮闘する本作。ヒーローながらとても身近で、日本中に愛されているアントマンの活躍ぶりを、劇場でも確かめてみて。

『アントマン』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top