森川葵&小関裕太、映画の中で食べたカレーのマズさに絶句!

最新ニュース

森川葵、小関裕太/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016『ドロメ【女子篇】』舞台挨拶
  • 森川葵、小関裕太/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016『ドロメ【女子篇】』舞台挨拶
  • 森川葵/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016『ドロメ【女子篇】』舞台挨拶
  • 小関裕太/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016『ドロメ【女子篇】』舞台挨拶
  • /ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016『ドロメ【女子篇】』舞台挨拶
  • 森川葵/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016『ドロメ【女子篇】』舞台挨拶
月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」でも注目を浴びている森川葵が2月26日(金)、開催中の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」にて、主演映画『ドロメ【女子篇】』の舞台挨拶に小関裕太、内藤瑛亮監督と共に登壇した。

女子高と男子高の演劇部の合同合宿に、地元に伝わる謎の妖怪“ドロメ”が現れ…。『先生を流産させる会』が同映画祭で激賞された内藤監督が同じ時間軸の物語を【男子篇】と【女子篇】の2つの視点に分けて描き出す。

上映前に一人で登壇した内藤監督は、これまで自身が描いてきた「青少年が殺し、殺そうとする作品」ではなく「もっとピースフルな少年少女が見たいと思った。笑顔あふれるホラーがあってもいいんじゃないか?」と本作の趣旨を語ったが、その言葉通り、上映中は謎の“ドロメ”への恐怖だけでなく、客席からはたびたび笑いがわき起こった。

最後に「終」の文字が出た瞬間、思わぬ爽快感(?)に会場はドッと沸き、拍手に包まれた。内藤監督は会場脇でこの拍手を耳にしていたようで「そうなればいいなと思って作ったので嬉しいです」とホッとした様子。森川さんも「笑っていただけたようで嬉しいです」と笑顔を見せた。

小関さんは「ジャンルにとらわれない作品です。見た人の感性によって、これはコメディ、これはホラー、いろんなジャンルが混ざってる…など、いろんな意見が聞けたら」と語り、さらに「【男篇】を見れば、そういうことか! という発見があります」と呼びかけた。

撮影中のエピソードを訪ねると、森川さんは「期間中に撮り終わらず、再集合がかかったのは初めて」と明かす。内藤監督によると、外で撮る予定の最終シーンの撮影が雨のためにできなかったそうだが、森川さんは「いいシーンが撮れて良かったです」とニッコリ。
小関さんは、劇中で男子部員が作る晩ごはんのマズいカレーについて言及し「本当にマズかった! すっごい薄いんです。あれは不思議…作れないです」と感嘆! 森川さんも「何の味だろう? って感じでした」と顔をしかめていた。

『ドロメ』は3月26日(土)より【男子篇】【女子篇】ともに公開。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016は2月29日(月)まで開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top