オリヴィア・マン、「メイクと努力で顔は変わるのよ!」と整形疑惑を完全否定

最新ニュース

オリヴィア・マン-(C)Instagram
  • オリヴィア・マン-(C)Instagram
  • オリヴィア・マン-(C)Getty Images
  • オリヴィア・マン-(C)Getty Images
  • オリヴィア・マン-(C) Getty Images
ちょっとでも雰囲気が変わると「整形したんじゃない?」とささやかれるシビアな世界、ハリウッド。最新号の「Fashion Magazine」誌のカバーを飾ったオリヴィア・マンが、最近うわさされている整形疑惑について同誌に「メイクの力ってすごいんだから!」とメイクで顔が変わると主張。

母親は中国人、父親は白人でエスニックな血を引くオリヴィアは、見た目は白人に近いが骨格はかなりアジア人であると自身の顔を分析。「頬骨は高いし、目は小さめ。だから目の内側にシマーを入れると“寄り目”になっちゃうし、つけまつ毛をし過ぎると目を半分閉じているみたいになるの」。

オリヴィアは、インターネットやSNSの普及でいまが“写真が注目を浴びる時代”であることに言及し、「メイクで顔の表情がいつもと違うだけなのに、手術もしてない、(しわ伸ばしの)フィラーも打っていないなんてことは人にはわかりづらいわよね」と真実が伝わりにくいことにもどかしさを感じているようだ。

そこでオリヴィアは整形疑惑を払しょくするかのように、1年前と最近の自身の顔を並べて比較し、「『年を重ねると素敵になるのは男性だけ』と言ったのはどこの誰?」と、1年で格段に美しくなったように見える写真をインスタグラムで公開している。1年で5.5キロ痩せ、眉毛の角度を変え、そばかす消しのパックを使い、日本産のじゃがいもを食べてシワを薄くしたそうだ。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top