【特別映像】古川雄輝、『太陽』撮影初日の心境を告白!「クランクインを楽しみにしていた」

映画

古川雄輝/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 古川雄輝/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 古川雄輝/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 古川雄輝/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 神木隆之介×古川雄輝/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 神木隆之介/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 門脇麦/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 神木隆之介×門脇麦/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 神木隆之介×門脇麦&入江悠監督/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
神木隆之介と門脇麦という20代きっての演技派を主演に迎え、人類が2つのタイプに分かれた近未来を舞台に描く映画『太陽』。本作で、夜にしか生きられない“新人類”の1人を演じた古川雄輝が、「以前から入江悠監督の作品に出演したかった」と語るメイキング特別映像が解禁となった。

21世紀初頭。ウイルスによって世界の人口は激減。生き残った人類は、夜にしか生きられない進化した新人類“ノクス”と、太陽の下で貧しく暮らす旧人類“キュリオ”、2つに分かれた。昼と夜の世界に分断され、家族、親友、恋人…愛する人たちと引き裂かれてしまった人たちは、未来のためにそれぞれどんな決断を下すのか――。

2011年に「読売演劇大賞」受賞の前川知大率いる「劇団イキウメ」によって上演された同名舞台に強く惹かれ、本作を実写映画化したのは『SR サイタマノラッパー』シリーズや『日々ロック』などで知られる気鋭の入江悠監督。主演を、若手俳優のなかでも群を抜いた人気と演技力を持つ神木さんと門脇さんが務めることでも話題を呼んでいる。

今回解禁となった映像では、衝撃シーンを披露した『ライチ☆光クラブ』やキラキラ男子を演じた『脳内ポイズンベリー』など活躍を続ける古川さんが、“ハマリ役”と称される新人類の森繁役で登場する本作の撮影初日、クランクイン直後に語った初コメントが収められている。

まず、脚本について「現実とは違う世界観」という印象を持ち、「どうやって演じていこうかと、まず思った」と真摯に向き合ったことを明かす古川さん。続けて、初日の撮影を振り返り、「少し緊張しましたが、初日から楽しくできた」と、“念願の入江組”初参加に少しはにかんだ笑顔を見せた。


舞台と映画、さらに原作の前川さんによる小説でも紡ぎ出される本作。旧人類“キュリオ”を演じる神木さん、門脇さんに、古川さん演じる新人類 “ノクス”(夜に生きる存在)がどう関わっていくのか、ぜひ注目してみて。

『太陽』は4月23日(土)から東京・角川シネマ新宿ほか全国公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top