【予告編】エイミー・ワインハウス、夭逝の歌姫の素顔と本音…『AMY エイミー』

映画

「Rehab」「Tears Dry On Their Own」「Back To Black」などの大ヒット曲を生み、グラミー賞5部門を受賞するも、2011年、27歳の若さでこの世を去ったエイミー・ワインハウス。今年の7月23日で没後5年を迎える彼女の素顔に迫った、アカデミー賞受賞のドキュメンタリー『AMY エイミー』から、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

1983年、イギリスのユダヤ系家庭に生まれたエイミーは、10代でレコード会社と契約、弱冠20歳で完成させたデビュー・アルバム「Frank」で大きな評価を得た後、続くセカンド・アルバム「Back to Blcak」が全世界1,200万枚のセールスを記録し、シングル「Rehab」が08年のグラミー賞で5部門受賞を成し遂げた。本作では全編を通して彼女の楽曲が流れ、“稀代の歌姫”としての姿と、普通の女の子として大切な恋人や家族と過ごす可愛らしい素顔、これまでメディアに見せることのなかった一面を描き出す。

ポスターは、音楽と愛に生きたディーヴァ、エイミー本人の姿を大々的に配置。「わたしは、ただ歌いたいだけ。」というコピーに胸が切なくなるとともに、トレードマークであるアイラインを跳ね上げた“キャット・アイ”の視線が印象的なビジュアルとなっている。写真のモノクロには、7月23日で没後5年を迎える彼女への追悼の意味が込められている。

さらに予告編は、レディー・ガガ、「ローリング・ストーンズ」、ジャスティン・ビーバー、アデルなど、大物ミュージシャンから絶賛されたエイミーの歌声で始まり、使用楽曲「Back To Black」の失恋を乗り越えて誕生した背景が明かされ、切ないメロディーが映像を盛り上げている。

さらに、ブルーノ・マーズなどを手掛ける有名音楽プロデューサー、マーク・ロンソンと共に行われたNYでの貴重なレコーディング風景も垣間見ることができる。また、予告後半には家族や友人が提供した貴重なプライベート映像の数々が! 映画では、華々しいスポットライトを浴び、スターとしてマスコミから追われる一方で、恋人や友人、家族と過ごす普通の女の子としての彼女の素顔を対比させている。


『AMY エイミー』は7月16日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top