【特報映像】オダギリジョー&蒼井優の壊れかけた男女の儚い恋…『オーバー・フェンス』

映画

『オーバー・フェンス』ティザービジュアル(C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会
  • 『オーバー・フェンス』ティザービジュアル(C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会
  • 『オーバー・フェンス』ティザービジュアル(C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会
  • 『オーバー・フェンス』(C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会
  • オダギリジョー&蒼井優&松田翔太/『オーバー・フェンス』
  • 『オーバー・フェンス』 (C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会
ドラマ「重版出来!」やNHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」など、多方面で活躍を見せるオダギリジョーをはじめ、蒼井優、松田翔太など豪華キャストで贈る、孤高の作家・佐藤泰志原作の“函館三部作”最終章『オーバー・フェンス』。このほど、オダギリさんの心つかまれるナレーションに特報映像が解禁となった。

家庭をかえりみなかった男・白岩(オダギリさん)は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。そんなある日、同じ職業訓練校に通う仲間の代島(松田さん)にキャバクラへ連れて行かれ、鳥の動きを真似る風変りな若いホステス・聡(蒼井さん)と出会う。「名前で苦労したけど親のこと悪く言わないで、頭悪いだけだから」そんなふうに話す、どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていくが…。

本作は、原作者・佐藤泰志が函館の職業訓練校で過ごした自身の経験を基に執筆、1985年に生涯最後の芥川賞の候補となった同名小説を、『マイ・バック・ページ』『苦役列車』など、闇を抱えた人間たちに柔らかな光を与える名手・山下敦弘監督が映像化。原作は、映画化され、高い評価を受けた『海炭市叙景』(10’)、『そこのみにて光輝く』(14’)に続く“函館三部作”といわれている。

解禁となった特報では、冒頭、人生を諦めかけ職業訓練校に通う白岩と、愛を求め続けるホステス・聡が、自転車に2人乗りをして函館の夜を駆け抜ける姿から始まる。聡の手からは白い羽が宙に舞い、2人の仲むつまじいとき流れに思わずうっとり。それに続くのは、聡のダンスシーン。これまでに『花とアリス』や『フラガール』でもダンスを披露してきた蒼井さんの、美しく儚いダンスシーンの一部を、今回の特報では目にすることができる。

その後、白岩と聡の激しくぶつかり合うシーンや、薄紫色の幻想的な夕空を眺めながら涙を流す聡、港で立ち尽くし泣き崩れる白岩の様子が流れ、生々しい恋愛の姿が垣間見える映像となっている。最後には、2人の満面の笑みと共に「美しく壊れかけた男と女の物語」のコピー、さらに「こんな空っぽな俺だけど愛させてくれないか」とオダギリさんの胸に迫るナレーションと、見えないフェンスの先を見つめるかのような表情が強烈な余韻を残す。全編に渡り、スコットランドの民族楽器バグパイプの音色が、傷ついた男女を優しく包み込むのも印象的だ。


また、“両A面”のティザービジュアルは、幸せを感じさせる自転車に2人乗りする白岩&聡の一方、もう一面はオダギリさん、蒼井さん、松田さんの3人が何かを見つめる写真と函館のどこかもの悲しい風景を切り取ったビジュアルとなっている。

『オーバー・フェンス』は9月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top