窪田正孝、テキトー発言で怒られた? そんな姿に藤ヶ谷太輔は「キュンとした」

最新ニュース

惣領冬実の人気コミックを映画化した『MARS ~ただ、君を愛してる~』の初日舞台挨拶が6月18日(土)、都内で行われ、W主演の「Kis-My-Ft2」の藤ヶ谷太輔と窪田正孝、飯豊まりえ、山崎紘菜、稲葉友、耶雲哉治監督が舞台挨拶に登壇した。

藤ヶ谷さんと窪田さんは公開前日の17日(金)、某局を電波ジャックし、本作をPRしており「窪田くんが『パンがいっぱい出てくる映画』とか、テキトーなことばかり言っていて、大人に怒られていた。その姿にキュンときました」(藤ヶ谷さん)、「本当に舌打ちを500回くらいされました…」(窪田さん)。さらに窪田さんが「ずっと太輔くんの横で、お鼻にキュンキュンしていた」とふり返り、藤ヶ谷さんが「おれの鼻、好きだねえ」と照れる場面もあり、駆けつけたファンを喜ばせた。

怒ると手がつけられない凶暴な高校生・零(藤ヶ谷さん)は、孤独な少女・キラと恋に落ちるが、零の中学時代の同級生・牧生(窪田さん)が転入し、彼らの運命が狂い始める。藤ヶ谷さんは「朝からキュンキュンさせてすみません。初日を迎えて、うれしい気持ちとさみしい気持ちがあります」と挨拶。窪田さんは「作者の惣領先生に、心からお礼が言いたいです」と感無量の面持ちだった。

また、キラを演じる飯豊さんは「私にとっては、人生を変えるほどの出会い」と役柄への強い思い入れを示し、「演技に悩む私を支えて、引っ張ってくださった」と藤ヶ谷さん&窪田さんに感謝の意。キラの親友・晴美役の山崎と、零の親友である達也を演じる稲葉さんは、現場でアドリブの会話を披露したというが「本編でバッサリ、カットされていた」(山崎さん)、「バッサリいかれましたね」(稲葉さん)と苦笑いだった。

『MARS ~ただ、君を愛してる~』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top