窪田正孝、浴衣でテキトー発言連発? 勝手に梅雨明け宣言&「花火見える」

最新ニュース

藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)と窪田正孝が6月28日(火)、W主演を務めた映画『MARS ~ただ、君を愛してる~』の最後の舞台挨拶に浴衣姿で臨んだ。

涼しげな浴衣姿の2人が舞台に姿を見せると、会場は歓声に包まれる。藤ヶ谷さんは「夏を先取りしてマース!」と笑顔。かねてより、藤ヶ谷さんらから「テキトーすぎる!」と指摘を受けている窪田さんは、この日もノリノリで「もう夏ですね。梅雨も明けました(※本州の梅雨明けはまだ)! 花火が見えますね~」と饒舌に語る。

映画が公開されて10日が経つが、藤ヶ谷さんは周囲の反応について尋ねられると「宮田俊哉が見て『ガヤさん、すごく大人になったね』と言われました。ずっとおれの方が一つ年上なんだけど…と思いながら(笑)」と告白。さらに「父からも『観たぞ』と言われたんですが『なんか、すごかったな』と。それ以上は深く聞けなかったです。息子のキスシーンやベッドシーンをどう見たのか…(笑)?」と複雑そうな表情で語り、会場は笑いに包まれた。

また藤ヶ谷さんはこの夏にやりたいことを問われると、窪田さんにライヴを「観に来てもらいたい」と提案。窪田さんも「ぜひお邪魔させてもらいます!」と大喜びだったが、本作の主題歌「Gravity」を披露する際には窪田さんもステージに!? 窪田さんはノリノリでその場で本来のものとは異なる自作の振り付けを披露し会場を沸かせていた。

2人は連ドラも含め、半年にわたって撮影、そしてプロモーションと多くの時間を共に過ごしてきたが、改めてふり返り藤ヶ谷さんは「すごく楽しかった。お互いに見せてこなかった部分を引き出し合えたと思う。同世代の貴重な人です」と語り、窪田さんは藤ヶ谷さんについて「気配りがものすごいし、相手に気を遣わせないで自分が一番気を遣う。それを隠すんだけど、時折、出ちゃう(笑)。そういう隙(すき)の部分が好き!」と熱く語る。

七夕が近いこともあって、短冊に書きたいお願い事を尋ねると、藤ヶ谷さんは、窪田さんが普段は自分からご飯に誘ってくることが全くないことを明かし「マサから誘ってもいいんだよ?」とニッコリ。窪田さんは「1年に1回くらいは(笑)」と応じ、自らが幹部を務める“MARS会”の発足を宣言。最後の最後まで仲の良い様子を見せていた。

『MARS~ただ、君を愛してる~』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top