【独女のたわごとvol.22】恋をすると人は強くなる! 『好きにならずにいられない』

最新ニュース

『好きにならずにいられない』- (C) Rasmus Videbaek
  • 『好きにならずにいられない』- (C) Rasmus Videbaek
  • 『好きにならずにいられない』- (C) Rasmus Videbaek
  • 『好きにならずにいられない』- (C) Rasmus Videbaek
こんばんは、古山エリーです。先日、20年来の親友と「女がひとりで生きていくために必要なモノ」について語り合ったのですが(そんな会話をしている時点でアウトです…)、必須アイテムに輝いたのは――“脚立”でした。

お互い引っ越しをしたばかりということもあって、身長が低いということもあって「脚立って必要だよねー」という話で盛り上がったわけです(ワインを飲みながら、脚立って…)。

実際、高い戸棚を開け閉めするときや高い場所の掃除のとき、電球やカーテンを交換するときなど、考えてみると毎日、脚立にお世話になっている。実家暮らしのときは父親や兄弟がいましたし、恋愛がうまくいっているときは彼氏がいる、頼れる人がすぐ傍にいれば「お願いー!」と言えますが、頼る相手がいないとなれば…脚立さまさまなわけです。脚立といっても、アルミ製のいかにもって感じのものではなく、雑貨屋さんに売っているような足場が3~4段ほどのパステルカラーのお洒落な脚立。機能性も確かに大事ですけど、毎日使うものですから、部屋にそのまま置いていてもダサくないものを選びました。見た目は大事です(結局、そこですか…)。

見た目といえば、アイスランド・デンマークの映画『好きにならずにいられない』を観て、見た目=外見と中身=性格について考えました。というのも、この映画の主人公フーシは、43歳独身・かなりのおデブさん・オタク・女性経験ナシ・とってもシャイ…残念ながらまったく冴えてない男性です。でも真面目で仕事熱心。そんな彼がとあるきっかけで心に傷を負った女性と出会い、彼女のために行動することで変わっていく、その姿に四十路の心は清められ、感動しちゃったわけです。

恋をすると女性も男性も目の輝きが違ってきますよね。見た目が落ち武者のようなフーシも例外ではなく。ただ、彼の場合は外見をどうこうしようとはしないのですが、だからこそ恋をしたことでキラキラする表情の変化がはっきり分かる。ハンサムに見える瞬間があるほどです(ちょっと言い過ぎか?)。この手の題材、モテない中年男子が恋をして変わっていく話は『40歳の童貞男』や『ラースと、その彼女』などでも描かれてきましたが、『好きにならずにいられない』はもっと繊細で、もっとロマンチックで、もっと切なくて…。そして、恋をすると人は強くなるんだと改めて気づかせてもらいました(いったい何回目ですか…)。というわけで、強い四十路として生きていくために、明日からまた新しい恋を探しに行くことにします(何処へ?)。今宵はここまで、また次回。
《text:Elie Furuyama》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top