『好きにならずにいられない』- (C) Rasmus Videbaek