【特報映像】小栗旬を狙うカエル男!その肉声も明らかに『ミュージアム』

映画

小栗旬が主演を務める、衝撃のスリラーエンターテインメント『ミュージアム』。このほど、本作のティザービジュアルとともに待望の特報映像が解禁となった。

雨の日に決まって起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場に残された謎のメモ、そして見つけられることを前提としたかのような死体。犯人は、カエルのマスクを被った“殺人アーティスト”・カエル男。事件の関連性に気付いた沢村久志刑事(小栗さん)が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる…。

いまなお熱狂的ファンを増やし続けている、巴亮介による超・問題作の同名コミックを原作に、小栗さんと『秘密 THE TOP SECRET』も控える大友啓史監督という、最強タッグで贈る本作。

解禁となった40秒の特報映像では、“見せる”ことにこだわり、犯行を繰り返す史上最悪の殺人アーティスト・カエル男にフィーチャー。カエル男があるニートの青年に判決を下すシーンが初公開となっている。青年に下された判決は「有罪」。執行される刑は「母の痛みを知りましょうの刑」。そのほか、「ずっと美しくの刑」「針千本飲ますの刑」「均等の愛の刑」など、衝撃度たっぷりの刑執行が次々と映し出されていく。

しかも、自らをアーティストと名乗るカエル男によって執行された犯行現場は、見られることを前提に作られたもの。残虐性と芸術性を併せ持つ犯行現場のセットや装飾、造形物は、リアルを追求する大友監督の徹底的なこだわりを感じさせ、観る者をまさに『ミュージアム』の世界に引きずり込んでしまう。


さらに、今年3月に解禁された、わずか10秒の映像で衝撃を与えたカエル男の、その肉声も初公開。「君は…有罪」。囚われた男性の恐怖と焦りとは対照的に、ひょうひょうと話しかけるカエル男。その不気味な声は、一度聞くと耳から離れないほど心地の悪いもの。「カエル男を演じているのは誰?」と、またもやネットがザワつくことになりそうだ。

そして、本映像は、カエル男に追い詰められたのか、ボロボロに傷ついた沢村刑事の絶叫で終わっている。その視線の先にあるものとは!? 絶望の淵に追い込まれる小栗さんの鬼気迫る演技は必見だ。

また、ティザーポスターでは、「判決の結果、君は有罪。」と沢村刑事に判決を突きつけるカエル男の姿が! マスクを被っているのにも関わらず、嬉々とした表情が読み取れ、異様な雰囲気が漂っている。追い詰めるはずが、じわじわと追い詰められて行く沢村刑事に、果たして勝機はあるのか!? まずは、この衝撃を本映像から確かめてみて。

『ミュージアム』は11月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top