藤ヶ谷太輔×窪田正孝、ただの“胸キュン”で終わらない!『MARS』

映画

『MARS~ただ、君を愛してる~』(C)劇場版「MARS ただ、君を愛してる」製作委員会 (C)惣領冬実/講談社
  • 『MARS~ただ、君を愛してる~』(C)劇場版「MARS ただ、君を愛してる」製作委員会 (C)惣領冬実/講談社
  • 『MARS~ただ、君を愛してる~』(C)劇場版「MARS ただ、君を愛してる」製作委員会 (C)惣領冬実/講談社
  • 『MARS~ただ、君を愛してる~』(C)劇場版「MARS ただ、君を愛してる」製作委員会 (C)惣領冬実/講談社
「Kis-My-Ft2」の藤ヶ谷太輔と窪田正孝の豪華W主演で描く『MARS~ただ、君を愛してる~』が、今月18日(土)より全国197館にて公開された。そしてこの度、新たにヒロインとして出演する飯豊まりえの場面写真がシネマカフェに到着した。

海で奇跡的に出逢った零(藤ヶ谷太輔)とキラ(飯豊まりえ)。過去に心の傷を抱えながら孤独に生きてきた2人は惹かれあい、恋に落ちる。そこに、零の死んだ弟・聖(前田公輝)の親友、牧生(窪田正孝)が現れる。零とキラのよき理解者であるように見えた牧生は、実は零の持つ秘めた一面「怒りに火がつくと抑えられない激しい凶暴性」に強い憧れを抱いていた。しかし、キラと一緒にいることで「大切な人を守る真の強さ」に気付きはじめた零。牧生は、そんな変わっていく零を許せず、キラの忌まわしい過去を突き止め、2人を引き裂こうとする。零は心の葛藤に苦しみながらもキラを想うが、キラは深く傷つき零に触れることさえできなくなる。しかし、零とキラの親友、晴美や達也の支えもあり、2人は互いに「たったひとりの存在」であることを感じる。そんな中、牧生の行き過ぎた零への想いは、純粋すぎるがゆえに残酷な愛へと変わり、零とキラ、そして牧生の運命に衝撃的な結末を引き寄せようとしていた――。

原作は、累計発行部数500万部を超える、惣領冬実の伝説の少女コミック。連載当初からディープなテーマや禁断の世界観が話題を独占し、少女漫画の枠を超えた“究極のラブストーリー”として90年代を席巻した。キャストには、光と影の二面性を持つ高校生・樫野零役の藤ヶ谷さんと、零の中学の同級生で、死んだ零の弟・聖の親友だった桐島牧生役の窪田さんを主演に、ヒロイン・麻生キラ役の飯豊さん、そして山崎紘菜、稲葉友らが集結している。

本作の面白さは、男女の仲を引き裂く牧生が、強い執着と憧れを抱いているのが零であるということ。そして、この理解しがたいキャラクターを変幻自在な俳優・窪田さんが違和感なく見事に演じきり、クライマックスに流す涙が強烈なインパクトを残している。さらに、零とキラが身も心も結ばれる、ただただピュアで美しいベッドシーンでも感動を与えているようだ。

高校生の恋愛ものという枠にとらわれず「運命を変える出会い」「人として愛すること」を描いた本作は、10代~30代以上の幅広い女性に支持を受け、今週末観客動員ランキングの中で、200館以下の中規模公開でありながら唯一ベスト10入り(第8位)を果たしている。

さらに公開前より、数ある少女漫画原作の映画から抜き出ているスリリングな三角関係と、ディープなエピソードが散りばめられた衝撃的なストーリーが話題となっていた本作。Twitter上では「想像以上」「惹きこまれる作品」「1回観ただけでこの映画の魅力は語れない」「恋愛映画なのに映画館で見るべき迫力」などの感想が寄せられた。ただ「胸キュンした」というだけではないという声が続々と寄せられる中、今回ぴあ映画初日満足度ランキングにて第1位も獲得している。

『MARS~ただ、君を愛してる~』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top