【3時のおやつ】“大人かわいい”がテーマ!ハイアット リージェンシー 東京のクリスマスケーキ&アルザススイーツ

最新ニュース

ハイアット リージェンシー 東京 2016年クリスマスケーキ&アルザススイーツ
  • ハイアット リージェンシー 東京 2016年クリスマスケーキ&アルザススイーツ
  • ハイアット リージェンシー 東京 「クリスマスツリー」(18,360円)
  • ハイアット リージェンシー 東京 「スノーマン」(4,320円 限定80個)
  • ハイアット リージェンシー 東京 「ブール・ド・ノエル」(3,888円)
  • ハイアット リージェンシー 東京 「ノエルショコラ」(4,212円、限定50個)
  • フランス・アルザス地方のクリスマススイーツ
東京・西新宿「ハイアット リージェンシー 東京」の「ペストリーショップ」(ロビーフロア・2F)では、10月20日(木)より、今年のクリスマスケーキの予約受付を開始。ペストリー・ベーカー料理長の佐藤浩一氏が手掛ける新作ケーキ4種をはじめ、全7種のケーキ、そしてフランス・アルザス地方のクリスマススイーツが登場する。

ペストリー・ベーカー料理長 佐藤浩一氏は、銀座「マキシム・ド・パリ」やパリの「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」で研鑽を積み、フランスでは2度のコンクール入賞経験を持つ実力派パティシエのひとり。今年のクリスマススイーツのテーマは、「大人かわいい」だ。

高さ40cmにもなる佐藤氏渾身の作品「クリスマスツリー」(18,360円)は、限定10個で登場。イタリア・ドモーリ社製の“アリバ・オ・レ”を使ったマロン風味のガナッシュに、マロンやチェリー、ナッツを盛り込んだ4層を3段重ねにした。佐藤氏が得意とする、さまざまな香りや味わい、食感が楽しめる。1枚1枚丁寧に仕上げた枝葉を、白・赤・緑のオーナメントが彩る逸品は、いつものクリスマスをより思い出深いものにしてくれるはずだ。

「スノーマン」(4,320円 限定80個)は、バニラ風味のビスキュイで作られた土台の上に、7体のスノーマンが並んだクリスマスケーキ。スノーマンはマスカルポーネのムースで作られていて、頭の部分にはホワイトショコラ、胴体にはアーモンドビスキュイの上にイチゴジュレ、イチゴムースが重なり、ピスタチオクリームのマフラーをまとっている。キュートな姿が思わず微笑みたくなるケーキだ。

「ノエルショコラ」(4,212円、限定50個)は、100%ショコラで作られたクリスマスケーキ。ドモーリ社製の最高級クーベルチュール“アリバ”を使用しており、アリバ独特の濃厚でありながらくどさのない味わいと薫香を、ムースショコラ、クレムー、ガナッシュ、クルスティアンとさまざまなかたちで感じることができる。聖夜の街を描いたデコレーションがシックでありながら、クリスマスの夜を楽しく盛り上げてくれる大人のケーキだ。

フランスでクリスマスシーズンに登場するツリーのオーナメントを模したお菓子を、佐藤氏が得意とするチョコレートのガトーに仕立てた一品「ブール・ド・ノエル」(3,888円)は新バージョンで新登場。3つのボールは、ドモーリ社製の産地により味わいの違う3つのチョコレート“スル・デル・ラゴ”、“アリバ”、“サンビラーノ”を用いて、それぞれの持ち味を活かして異なる味わいを表現した。ショコラの味わいを食べ比べして楽しめるユニークな商品だ。限定80個。

そのほか、オンラインショップ取り扱い商品の「ノワール」(2,916円)や定番のショートケーキをクリスマス商品に仕立てた「クリスマスショートケーキ」(2,592円)、マロンたっぷりの人気ケーキ「モンブラン」(4,104円)など、自信作がラインナップ。

また、フランス・アルザス地方のクリスマススイーツとドイツのクリスマスには欠かせない伝統的なブレッド「シュトレン」が、11月20日(日)~12月25日(日)の期間に販売される(シュトレンは12月1日より販売)。

クリスマスツリー発祥の地とも言われるアルザス地方の都市、ストラスブールには、フランス最大のクリスマスマーケットが開かれ、世界中からたくさんの人々が集うことでも知られる。アルザス地方のお菓子は、シナモンやクローブ、ドライフルーツやクルミ、柑橘類のピールなどのクリスマススパイスが、ほんわりと香るのが特徴だ。

ラインナップには、日本でもよく知られる「クグロフ」(1,080円)や蜂蜜とスパイスをベースに作られるお菓子「パン・ド・エピス」(1,944円)、アルザス地方でヴェラヴェッカ(洋ナシのパン)と呼ばれる「パン・ド・ノエル」(1,728円)など。また、セミドライしたアンズやレーズン、イチジク、オレンジとレモンのコンフィ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、くるみを、りんごと一緒にスパイスで炊き上げた「コンフィチュール ノエル」(648円)も登場。ブレッドやクラッカーに乗せていただいたり、ホットワインや紅茶に入れたりとお好みで楽しんで。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top