【特別映像】村上虹郎、絶叫のラップライブがフルコーラス解禁『武曲 MUKOKU』

映画

村上虹郎/『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
  • 村上虹郎/『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
  • 『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
  • 『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
  • 『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
  • 『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
  • 『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
  • 『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
  • 『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
綾野剛と『私の男』の熊切和嘉監督がタッグを組んだ最新作『武曲 MUKOKU』。このほど、劇中で綾野さん演じる主人公と激闘を交える村上虹郎による、物語のオープニングとなる絶叫ラップのライブシーンがフルコーラス<歌詞付き>で公開された。

鎌倉の街を舞台に、剣道五段の腕前を持ちながらどん底の生活を送る主人公・矢田部研吾(綾野さん)に、剣道未経験ながら真っ向から立ち向かうことにな高校生・羽田融を演じるのが村上さん。

デビュー作にして初主演となった河瀬直美監督の『2つ目の窓』がカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、柳楽優弥の弟役を演じた『ディストラクション・ベイビーズ』でキネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を獲得、TVドラマ「仰げば尊し」など話題作に次々と出演。本作の後も、主演作『二度めの夏、二度と会えない君』(9月1日(金)公開)ほか、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(9月23日(土)公開)など続々と映画出演を控えている若手注目株だ。綾野さんやスタッフの全員一致で出演を切望され、融として10代最後の夏をスクリーンに焼き付ける圧倒的な魅力を放っている。

このたび解禁となった映像がとらえるのは、同級生と組んでいるバンドによるライブシーン。本作の音楽を担当している「あらかじめ決められた恋人たちへ」(通称「あら恋」)の池永正二が、ライブシーンの楽曲とリリックを担当。村上さん演じる融はバンド全ての曲のリリックを担当しているという設定だが、サビの「解き放て! 深淵を覗け! 注ぐ光を空へ! 解き放て! 感じる再生 細胞に 飛び散る永遠 高尚に…」という言葉や、パフォーマンスの姿からも、彼が普通の高校生とはどこか違う感性を持ち、自分では扱いきれない強い衝動を持つキャラクターであることを感じさせている。

と同時に、このリリックは、研吾と融を待ち受ける物語を示唆するものにもなっており、本映像には特別に歌詞字幕がついている(※映画本編にはなし)。このライブの後、融のこうした“言葉”に強いこだわりを持つキャラクターが、全く興味のなかった剣との出会いを生むことになるのだが…。

熊切監督は、もともと「あら恋」池永さんにこのライブシーンの楽曲だけを依頼するつもりだったそうで、監督がかつて見た池永さんのライブから受けた、観客置き去りの“ぶっ飛んだ”印象をこのシーンにも投影させている。

本作のオープニングとなる、このライブシーン。キャラクターの持つ若き衝動とともに、そのぶっ飛び感と、村上さん自身の圧倒的な音楽センスも感じることができる映像を、ここから確かめてみて。



『武曲 MUKOKU』は6月3日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top