【インタビュー】村上虹郎 俳優の道は「興味深すぎて、面白い」

最新ニュース

村上虹郎『武曲 MUKOKU』/photo:You Ishii
  • 村上虹郎『武曲 MUKOKU』/photo:You Ishii
  • 村上虹郎『武曲 MUKOKU』/photo:You Ishii
  • 村上虹郎『武曲 MUKOKU』/photo:You Ishii
  • 村上虹郎『武曲 MUKOKU』/photo:You Ishii
  • 『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
  • 村上虹郎『武曲 MUKOKU』/photo:You Ishii
  • 村上虹郎『武曲 MUKOKU』/photo:You Ishii
  • 『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
俳優としての一歩を踏み出してから4年──。20歳を迎えた村上虹郎に、自分に俳優は向いていると思うか? と投げかけると「ほかの仕事をしていたら…とも考えることもありますが、俳優の仕事は興味深すぎて、面白い。映画もドラマも舞台もやらせていただいて、今回の『武曲 MUKOKU』も含めて、やっぱり映画っていいなと思います」。何とも真っ直ぐな答えが返ってきた。そして「自分で作品を選びはしませんが、この作品のようにいい出会いがあります」と語るように『武曲 MUKOKU』は彼の人生の一部となり、今後の村上虹郎を語るうえで必要不可欠な1本となった。

監督は熊切和嘉、主演は綾野剛。クランクイン前に熊切監督は鎌倉近郊での撮影に備え逗子に移り住み、イメージを膨らませた。綾野さんは研吾になりきるため剣道の稽古に邁進。さらに剣道家の身体を創り上げるために壮絶な肉体改造を自らに課した。そんなふうに並々ならぬ想いでこの映画に挑む監督と主演俳優に、村上さんはどう向きあったのか。演じるのは、研吾の宿命のライバルとなっていく天才剣士・融。

「演じる役が難しいことも大変なこともありますが、今回の融は演じるのは大変ではなかったです。もちろん身体的なアクション部分は大変でしたが、融を生きることは僕にとってすごく楽しくて、すごく幸せな時間でした」。そう思えるのは、音楽と剣道、村上さんにとって身近なカルチャーが融のキャラクターを構築していることも大きかった。

『武曲 MUKOKU』 (C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
融は、ある理由から“剣を棄てた男”研吾と出会い、スポーツとしての剣道ではなく、生死をかけた決闘のような剣に魅せられていく。その感情はどうやって捉えたのだろう。

「いま生きているこの時代には放射能や大気汚染、農薬などの問題があって、事故もある、自殺者も増えている。決して死は遠いものじゃないと思うんです。映画にも死を描いたものがあって、そういう映画を観ることで僕らは死を疑似体験している。でも融にとっては、何て言うか…死はもっとリアルなんです。彼にとって剣道はスポーツではなく生死をかけたものであって、精神世界での殺し合いというか…。僕も小学校から中学校にかけての数年間、剣道をやっていてスポーツとしての剣道は知っています。でも、この映画を通じて別の剣道の一面を知ることができました」。

村上虹郎『武曲 MUKOKU』/photo:You Ishii
《text:Rie Shintani/photo:You Ishii》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top