松坂桃李、朝ドラ控え“一番最低な男”に?蒼井優がチクリ「出番減るかもね」

最新ニュース

松坂桃李/『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会
  • 松坂桃李/『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会
  • 蒼井優&阿部サダヲ/『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会
  • 蒼井優/『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会
  • 阿部サダヲ/『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会
  • 蒼井優&松坂桃李/『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会
  • 竹野内豊/『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会
  • 松坂桃李/『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会
  • 白石和彌監督/『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会
『凶悪』、『日本で一番悪い奴ら』と実録路線のクライムムービーを世に放った白石和彌監督による最新作『彼女がその名を知らない鳥たち』の完成披露試写会が9月28日(木)、都内にて行われ、W主演を飾った蒼井優、阿部サダヲのほか、ゲスな男を演じた松坂桃李、クズな男を演じた竹野内豊が白石監督と共に登壇した。

「共感度0の最低な女と男」しか出ていないというふれこみの本作なだけに、登壇陣も「誰が一番最低?」という話で大盛り上がり。阿部さんは「甲乙つけがたい最低さ」と言い、竹野内さんは「一番最低なのは監督」と白石監督に振り、そんな白石監督は「ひどいのは黒崎ですかねえ? でも3周回ると、十和子な気がします」と挙げれば、松坂さんは「やっぱり阿部さん以外の監督含め、我々は最低だと思います。けど、全員が揃うと妙な連帯感が…」と話すと、蒼井さんも「私も思っていました!」と共感した。

蒼井優/『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会
しかし、「一番最低なのは?」と改めて聞かれると、蒼井さんは「わたし、松坂さん! というか、水島さん。水島は最低でした!」と暴露され、白石監督に「ただ、うまいけどね、いろいろ」と含みのある言い方をされた松坂さん。どうやらきわどいシーンのことを指していることに気づき、爆笑した松坂さんは「もうすぐ朝ドラ、始まっちゃうから!」と制したものの、蒼井さんに「出番減るかもね(笑)」とイタズラっぽく微笑まれていた。

蒼井優&松坂桃李/『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会
沼田まほかるの同名ベストセラー・ミステリーを映画化した『彼女がその名を知らない鳥たち』は、白石監督が挑んだ初の大人のラブストーリー。15歳年上の男・陣治(阿部さん)と暮らしながらも、8年前に別れた黒崎(竹野内さん)のことが忘れられない十和子(蒼井さん)は、ある日、妻子持ちの美しい水島(松坂さん)に出会い、夢中になる。そんな折、黒崎の失踪を知らされた十和子は、陣治が関わっているのではと疑い始め、水島にも危険が及ぶのではと怯える。

豪華メンバーが白石監督の元に集結したことに喜びの表情の蒼井さんは、それぞれの俳優への印象を口にした。「阿部さんは軽やかにお芝居をされる方なので、一緒に飛べるように気をつけようと思っていました。松坂さんは…こんな薄い台詞をよく真顔で言えるなって(笑)。松坂さんというよりも、水島という“ペラペラペラ男”が本当に目の前にいて感動しました」と、なりきりぶりを絶賛。竹野内さんについても「まさか竹野内さんが(役を)受けてくださるなんて思っていなくて。お会いして、すぐに映画の核になることに興味を持って話してくださったので、一緒に映画を作れる方だとすごいうれしかったです」と感無量の表情を広げていた。

/『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会
なお、完成披露試写会にて、本作が第12回ローマ国際映画祭のオフィシャル・セレクションに正式出品されることが発表された。

『彼女がその名を知らない鳥たち』は10月28日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top