映画 洋画ニュース記事一覧(368 ページ目)

ビリー・ボブ・ソーントン、新作は元妻のアンジーとの関係を描くものではないと断言 画像
ゴシップ

ビリー・ボブ・ソーントン、新作は元妻のアンジーとの関係を描くものではないと断言

ビリー・ボブ・ソーントンが、現在脚本を執筆中の新作『And Then We Drove』(原題)が元妻のアンジェリーナ・ジョリーとの関係を描いているという一部報道について否定した。

家では怖いママ? メリル・ストリープ、ベルリン映画祭にて名誉金熊賞を授与 画像
レポート

家では怖いママ? メリル・ストリープ、ベルリン映画祭にて名誉金熊賞を授与

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』で英国初の女性首相、マーガレット・サッチャーを本人そっくりに演じ、第69回ゴールデン・グローブ賞に続き、先日発表された第65回英国アカデミー賞でも主演女優賞を獲得したメリル・ストリープ。銀幕デビューから30余年にわたり映画界の第一線に立つ彼女が、ドラマティックなものからコメディまで幅広い役をこなす類まれなる多才な女優であり映画界への貢献が非常に高いことを評され、現在開幕中の第62回ベルリン国際映画祭にて名誉金熊賞を授与した。

雪にも負けず! ジュード・ロウにファン350人が大歓声 画像
レポート

雪にも負けず! ジュード・ロウにファン350人が大歓声

来日中のジュード・ロウが2月16日(木)、都内で開催された『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』のジャパン・プレミアに出席し、2年ぶりに日本のファンの前に姿を現した。

M・スコセッシ監督、最新作は「12歳になる娘のため」 男児出産した小雪も絶賛! 画像
レポート

M・スコセッシ監督、最新作は「12歳になる娘のため」 男児出産した小雪も絶賛!

第84回アカデミー賞で作品賞、監督賞を始め最多11部門にノミネートされている『ヒューゴの不思議な発明』をPRするため、マーティン・スコセッシ監督が5年ぶりに来日。2月16日(木)、都内のホテルで記者会見を行い、自らの映画愛を注ぎ込んだ本作を熱っぽくアピールした。

ゴルチエ×アルモドバルの完璧な“美” 『私が、生きる肌』禁断の予告編解禁! 画像
スクープ

ゴルチエ×アルモドバルの完璧な“美” 『私が、生きる肌』禁断の予告編解禁!

先日、英国アカデミー賞を獲得したスペインの巨匠、ペドロ・アルモドバル監督の最高傑作との呼び声高い『私が、生きる肌』の予告編が到着! 誰も観たことのない“究極の問題作”と言っても過言ではない、本作の危険すぎる世界観が明らかとなった。

【シネマモード】“ウェストマーク”が美のポイント、映画×クラシカル・ファッション 画像
コラム

【シネマモード】“ウェストマーク”が美のポイント、映画×クラシカル・ファッション

ここ数年、ファッションの世界にはクラシカルな波が押し寄せています。毎年、様々なクラシカルスタイルが復活。それらはもちろん昔のまま登場しているのではなく、モダンなテイストを取り入れつつファッションの新たな可能性を切り開いています。

ジョージ・クルーニー、ケヴィン・ベーコンらがL.A.で1日限りの朗読劇に出演 画像
ゴシップ

ジョージ・クルーニー、ケヴィン・ベーコンらがL.A.で1日限りの朗読劇に出演

ケヴィン・ベーコンと人気TVシリーズ「glee/グリー」のクリス・コルファーが、ロサンゼルスで1回限定公演の朗読劇でジョージ・クルーニーと共演することが決まった。

仕事も恋も“生涯現役”! ロバート・デ・ニーロ×モニカ・ベルッチが語る、愛 画像
インタビュー

仕事も恋も“生涯現役”! ロバート・デ・ニーロ×モニカ・ベルッチが語る、愛

美しき景色が広がるイタリア・トスカーナと首都・ローマを舞台に、人を愛することの素晴らしさを謳う、大人のためのロマンティック・ストーリー『昼下がり、ローマの恋』。本作で初競演を果たし、うっとりとするような恋愛を魅せる大御所ハリウッドスター、ロバート・デ・ニーロとイタリアの国民的女優、モニカ・ベルッチからのコメントが到着した。御歳68歳にして第一線で映画の現場に立つのはもちろん、昨年末に6番目の子供を授かったデニーロに、48歳にして成熟した色気と共に脅威の美しさを誇るモニカ。出会うべくして出会った2人が語る“恋愛”の魅力とは…?

ジュード・ロウ、ダウニーJr.から男児誕生を知らされず!「これで友情終わりだね」 画像
レポート

ジュード・ロウ、ダウニーJr.から男児誕生を知らされず!「これで友情終わりだね」

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』に出演しているジュード・ロウが来日し、2月15日(水)に都内で記者会見を行なった。

『ボーン』シリーズには“裏”の陰謀があった… 『ボーン・レガシー』予告編到着! 画像
スクープ

『ボーン』シリーズには“裏”の陰謀があった… 『ボーン・レガシー』予告編到着!

マット・デイモンの代表作としても人気を集める、大ヒットアクション3部作『ボーン』シリーズ。『ボーン・アルティメイタム』によって完結した同シリーズから5年、3部作で繰り広げられた“ジェイソン・ボーン”の戦いの裏で起こっていた“もうひとつの戦い”が、ジェレミー・レナーを主演に迎えて映画化! その注目作『ボーン・レガシー』(原題)の画像&予告編がこのほど解禁となった。

AKB48篠田麻里子、“イイ女の条件”は…美貌、気品、まかない料理? 画像
インタビュー

AKB48篠田麻里子、“イイ女の条件”は…美貌、気品、まかない料理?

人気グループ「AKB48」の篠田麻里子が、話題のアクション・サスペンス『TIME/タイム』の日本語吹替え版で、ヒロイン・シルビア役の声を担当した。舞台は余命の時間が通貨とされる近未来。「25歳で全ての人間の成長が止まる」という独創的な設定にちなみ、いま最も輝く25歳の篠田さんに白羽の矢が立ったのだ。今後、ますます魅力的な女性へと“成長”を遂げるはずの彼女が、本作を通して考える“イイ女の条件”を語ってくれた。

『アーティスト』の名犬・アギー、“犬”版アカデミー賞で最優秀賞受賞! 画像
レポート

『アーティスト』の名犬・アギー、“犬”版アカデミー賞で最優秀賞受賞!

2月13日(現地時間)、“犬”版アカデミー賞と言われる第1回ゴールデン・カラー賞(金の首輪賞)が発表され、アカデミー賞に向けて快進撃を見せる『アーティスト』での名演で喝采を浴びているジャックラッセルテリアのアギーが最優秀俳優犬賞を受賞した。

6割以上の女性が「アリ」と回答! 『ステイ・フレンズ』の“お得な関係” 画像
レポート

6割以上の女性が「アリ」と回答! 『ステイ・フレンズ』の“お得な関係”

ジャスティン・ティンバーレイク&ミラ・クニスのW主演で贈る、恋とセックスの本音が満載のラブコメディ『ステイ・フレンズ』。本作のブルーレイ&DVDリリースを記念して、シネマカフェでは「女の“ぶっちゃけ”意識調査」を実施! 友情にセックスが加わっても、男女の友情は成立する? 彼氏と男友達のボーダーラインって…? 500件以上にのぼる読者たちの答えから、本作で描かれるような恋とセックスの“お得”な関係について分析!

“こじらせ女子”を反面教師にすべし? 『ヤング≒アダルト』に見る、女性の本音 画像
レポート

“こじらせ女子”を反面教師にすべし? 『ヤング≒アダルト』に見る、女性の本音

バツイチで恋人なし、10代の栄光にすがり元カレとヨリを戻そうとする、30代女子のちょっと“イタイ”騒動を描いたヒューマンドラマ『ヤング≒アダルト』。2月13日(月)、公開に先駆けて、シネマカフェの女性読者ブロガーを集めての試写会が行われ、上映後、本作の主人公・メイビスにちなんで、AVライターで「女子をこじらせて」(ポット出版刊)の著者である雨宮まみをゲストに迎えて、女子の本音を問うQ&Aが行われた。

天才少年、トーマス・ホーンが初来日! オスカー俳優との共演語る 画像
レポート

天才少年、トーマス・ホーンが初来日! オスカー俳優との共演語る

第84回アカデミー賞で作品賞を始め2部門にノミネートされている感動作『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』に出演し、トム・ハンクス&サンドラ・ブロックというオスカー俳優2人に負けない存在感を発揮した天才少年、トーマス・ホーン君(14歳)が初来日。2月14日(火)、都内で記者会見を行い、名優との共演や撮影の舞台裏、作品が描くテーマについて語ってくれた。

ローラ、恋人の存在を突っ込まれ「悩んでるとこ」とポロリ 画像
レポート

ローラ、恋人の存在を突っ込まれ「悩んでるとこ」とポロリ

モデルでタレントのローラが2月13日(月)に都内で行われた映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』の試写会に登場し、観客から寄せられた恋の悩みに答えた。

第65回英国アカデミー賞発表、『アーティスト』が作品賞ほか7冠で圧勝! 画像
ゴシップ

第65回英国アカデミー賞発表、『アーティスト』が作品賞ほか7冠で圧勝!

12日、第65回オレンジ英国アカデミー賞授賞式が開催され、これまでの賞レースでも圧勝のフランス発のモノクロのサイレント映画『アーティスト』が作品賞のほか、主演男優賞(ジャン・デュジャルダン)、監督賞(ミシェル・アザナヴィシウス)など全7部門を制覇、2週間後に発表されるアメリカのアカデミー賞に王手をかけた。

マーク・フォースター監督インタビュー “男の中の男”ジェラルド・バトラーを語る 画像
インタビュー

マーク・フォースター監督インタビュー “男の中の男”ジェラルド・バトラーを語る

元麻薬売人という異色の経歴を持ち、ある出会いをきっかけにアフリカの内紛地域の子供たちの救出活動に身を投じている男、サム・チルダースの壮絶な半生を描いた『マシンガン・プリーチャー』。今なお紛争が続く危険地帯を実際に肌で感じ、衝撃的な真実を描き出したのは『007/慰めの報酬』でヒットメイカーの地位を確立したマーク・フォースター監督。前作の大ヒットから一転、全く毛色の異なる本作でメガホンを取った彼が発見した新境地とは——? 本作に込める想い、初タッグを組んだジェラルド・バトラーとの撮影話と共に語ってくれた。

クロエ・G・モレッツ独占映像インタビュー到着!巨匠との初競演は「夢みたいだった」 画像
インタビュー

クロエ・G・モレッツ独占映像インタビュー到着!巨匠との初競演は「夢みたいだった」

およそ40年にわたりハリウッド映画界を牽引してきた巨匠、マーティン・スコセッシがずっと夢見てきたという、初の3D撮影による冒険ファンタジー『ヒューゴの不思議な発明』。アカデミー賞最多ノミネートで注目を集める本作で、ひときわキュートな魅力を放っているのが主人公・ヒューゴが探し求める謎の“鍵”を握る少女・イザベルを演じているクロエ・グレース・モレッツ。巨匠に「特別な感じがした」と言わしめた彼女が語る本作の魅力とは? また、スコセッシ監督との共同作業はどんなものだったのか? 13歳(撮影当初)とは思えぬしっかりとした語り口で本作についてたっぷりと語ってくれた。

カンヌ最高賞2度受賞のダルデンヌ兄弟が来日、最新作は日本にインスパイア 画像
レポート

カンヌ最高賞2度受賞のダルデンヌ兄弟が来日、最新作は日本にインスパイア

『ロゼッタ』、『ある子供』で2度のカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)を受賞しているジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督がベルギーから来日。2月10日(金)、都内で記者会見を行い、最新作『少年と自転車』に込めた思いを語った。本作は2003年、2人が来日した際にシンポジウムで聞いた「育児放棄された子ども」の実話にインスパイアされており、映画では自分を児童養護施設に預けた父親を探す12歳の少年と、美容師の女性との交流が描かれる。

究極の問題作で描かれるのは“究極の愛”? 『私が、生きる肌』ポスター解禁! 画像
スクープ

究極の問題作で描かれるのは“究極の愛”? 『私が、生きる肌』ポスター解禁!

スペインの巨匠、ペドロ・アルモドバル監督の待望の最新作であり、公開前から「究極の問題作」として注目を集めている『私が、生きる肌』。ジャンル分け不可能とのうわさも聞こえてくる“究極の愛”を描いた本作のポスターがこのほど解禁になった。

『ドラゴン・タトゥーの女』ルーニー・マーラ 世界が注目する女優が内に宿す“熱” 画像
インタビュー

『ドラゴン・タトゥーの女』ルーニー・マーラ 世界が注目する女優が内に宿す“熱”

レッド・ツェッペリンの名曲「移民の歌」が女性ボーカルによる独特の甲高い声で響き渡ると同時に、コールタールのような真っ黒い液体が全てを覆い尽くしていく何とも形容しがたい映像が展開する。主人公・リスベットの「悪夢を表現した」(デヴィッド・フィンチャー監督)という鮮烈なシークエンスで『ドラゴン・タトゥーの女』は幕を開ける。同時にそれは、リスベットを演じたルーニー・マーラの華々しいキャリアの幕開けと言えるかもしれない。だが当の本人はそんな周囲の喧騒に流されることなく、己を冷静に見つめている。この物静かでシャイな26歳が、どのようにしてあの奇抜な外見と烈しい内面を抱えるリスベットと向き合い、彼女に同化していったのか——? 公開を前に初来日を果たした彼女に話を聞いた。

  1. 先頭
  2. 310
  3. 320
  4. 330
  5. 340
  6. 350
  7. 363
  8. 364
  9. 365
  10. 366
  11. 367
  12. 368
  13. 369
  14. 370
  15. 371
  16. 372
  17. 373
  18. 380
  19. 最後
Page 368 of 381
page top