『神様のパズル』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

突然海外旅行に出かけた双子の弟・喜一(市原隼人)の代わりに、性格も学力も正反対の基一(市原隼人)はゼミへの出席を引き受けた。ところがある日、不登校の女子学生・穂瑞(谷村美月)をゼミへ参加させるようにと担当の教授から頼まれる。納得のいかない基一だったが、弟のためにと割り切り、彼女の自宅まで行くことに。だが、 会って話をしているうちに、彼女の不思議なパワーに引き込まれ、基一は思わず「宇宙をつくることはできるのか?」という疑問を穂瑞にぶつけてしまう。そして翌日、不登校だった彼女がゼミに現れ、同じチームになった穂瑞と基一は、彼女にぶつけた疑問を立証する羽目に――。機本伸司による同名SF小説を三池崇史が映画化。

スタッフ

監督

三池崇史

キャスト

作品データ

  • 2008年6月7日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008「神様のパズル」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『神様のパズル』関連記事

「不合理な手作業が楽しくて、面白いんですよ」三池監督流宇宙創生『神様のパズル』 画像
インタビュー

「不合理な手作業が楽しくて、面白いんですよ」三池監督流宇宙創生『神様のパズル』

人間が宇宙をつくることはできるのか──? 超天才少女と落ちこぼれのロッカー少年が人類最大の謎である宇宙創生に挑むキュートなSF大作『神様のパズル』。機本伸司の同名小説を原作に、市原隼人、谷村美月を主演に迎えた本作。メガホンを握ったのは、『クローズ ZERO』、『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』の三池崇史監督だ。

谷村美月のナイスバディに市原隼人クラクラ? 『神様のパズル』初日舞台挨拶 画像
レポート

谷村美月のナイスバディに市原隼人クラクラ? 『神様のパズル』初日舞台挨拶

市原隼人×谷村美月×三池崇史による“誰も観たことない映画”『神様のパズル』。落ちこぼれロッカーと天才少女が、「人類の手で宇宙は作れるのか?」という究極の謎に挑む青春映画が6月7日(土)に公開された。主演の市原さん、谷村さん、そして三池監督のほか、出演の松本莉緒、田中孝太朗、黄川田将也、石田ゆり子、同名の主題歌を担当したASUKA、原作の機本伸司、そしてエグゼクティブ・プロデューサーの角川春樹が舞台挨拶を行った。

仮面ライダーにセーラームーンも鑑賞!『神様のパズル』コスプレイヤー的見どころは? 画像
レポート

仮面ライダーにセーラームーンも鑑賞!『神様のパズル』コスプレイヤー的見どころは?

試写室の観覧席に姿を現したのは仮面ライダーにセーラームーン、碇ゲンドウ…。5月31日(土)、コスプレイヤー限定という一風変わった試写会が開催された。上映されたのは市原隼人、谷村美月主演の『神様のパズル』。ずば抜けた頭脳を持ち、飛び級で大学に入学しながらも、天才ゆえに周囲と合わずに不登校になった少女と、優秀な双子の弟の身代わりとして大学のゼミに出席することになった落ちこぼれの兄。この正反対な2人が“宇宙の創生”に挑みながら心を通わせていく姿を描いている。

オヤジ2人の暴走をよそに黄川田将也、谷村美月を見て「がんばっちゃおうかな!」  画像
レポート

オヤジ2人の暴走をよそに黄川田将也、谷村美月を見て「がんばっちゃおうかな!」 

三池崇史と角川春樹が市原隼人&谷村美月チームに負けないコンビネーションを披露? “宇宙創生”という難題に挑む、落ちこぼれ大学生と天才少女の姿をチャーミングに描いた『神様のパズル』。5月29日(木)、角川春樹事務所発行の雑誌「Popteen」、「BLENDA」、「ランティエ」、「美人百花」の読者を招待しての本作の特別試写会が開催された。上映後の舞台挨拶には、大学院で助手を務める相理(あいり)を演じた黄川田将也、映画と同名の主題歌を歌うASUKA、三池監督に角川プロデューサーが舞台挨拶に立った。

本当は物理が苦手? 現役受験生・谷村美月に東大生が“宇宙の作り方”をレクチャー 画像
レポート

本当は物理が苦手? 現役受験生・谷村美月に東大生が“宇宙の作り方”をレクチャー

“宇宙創生の謎”という奇想天外なテーマを題材に、デビュー作にしていきなり小松左京賞を受賞した、機本伸司による大ヒットSF小説が映画化。市原隼人、谷村美月という、いま最も旬な2人が贈る、青春サイエンス・ムービー『神様のパズル』が6月7日(土)より公開される。これを記念して、5月26日(月)、ずばり“宇宙を作る”をテーマに、講師に物理学研究会に所属する現役東大生を迎え、代々木ゼミナールの予備校生に向けての講義付きイベントを開催。その聴講生として谷村さんと機本さんが出席した。

人生初の無重力に市原隼人「人生で一番苦しみました」と悶絶 『神様のパズル』会見 画像
レポート

人生初の無重力に市原隼人「人生で一番苦しみました」と悶絶 『神様のパズル』会見

人間に宇宙を作ることは出来るのか? という壮大な謎を前にして、落ちこぼれ大学生と孤独な天才少女が心通わせる姿を描いた、機本伸司の傑作青春小説「神様のパズル」(ハルキ文庫)。鬼才・三池崇史監督の手で本作を映像化した『神様のパズル』が6月7日(土)に公開を迎える。これに先立ち、5月20日(火)、主演を務めた市原隼人とエグゼクティブ・プロデューサーの角川春樹が、“宇宙”というテーマに因み、史上初の無重力ヒット祈願を敢行! その足で“無重力会見”なる本作の会見に駆けつけた。

page top