オヤジ2人の暴走をよそに黄川田将也、谷村美月を見て「がんばっちゃおうかな!」 

三池崇史と角川春樹が市原隼人&谷村美月チームに負けないコンビネーションを披露? “宇宙創生”という難題に挑む、落ちこぼれ大学生と天才少女の姿をチャーミングに描いた『神様のパズル』。5月29日(木)、角川春樹事務所発行の雑誌「Popteen」、「BLENDA」、「ランティエ」、「美人百花」の読者を招待しての本作の特別試写会が開催された。上映後の舞台挨拶には、大学院で助手を務める相理(あいり)を演じた黄川田将也、映画と同名の主題歌を歌うASUKA、三池監督に角川プロデューサーが舞台挨拶に立った。

最新ニュース レポート
『神様のパズル』特別試写会。左から三池崇史監督、黄川田将也、ASUKA、角川春樹プロデューサー。
  • 『神様のパズル』特別試写会。左から三池崇史監督、黄川田将也、ASUKA、角川春樹プロデューサー。
  • 大学院生の相理を演じた黄川田将也。
  • 主題歌を担当するASUKA。
三池崇史と角川春樹が市原隼人&谷村美月チームに負けないコンビネーションを披露? “宇宙創生”という難題に挑む、落ちこぼれ大学生と天才少女の姿をチャーミングに描いた『神様のパズル』。5月29日(木)、角川春樹事務所発行の雑誌「Popteen」、「BLENDA」、「ランティエ」、「美人百花」の読者を招待しての本作の特別試写会が開催された。上映後の舞台挨拶には、大学院で助手を務める相理(あいり)を演じた黄川田将也、映画と同名の主題歌を歌うASUKA、三池監督に角川プロデューサーが舞台挨拶に立った。

黄川田さんは劇中、谷村さん扮する天才少女・沙羅華と、専門用語を駆使した激しいディベートを繰り広げるが「いまだに自分が話したセリフの意味がよく分かりません」と苦笑い。「この役のために、図書館に通って物理の本をごっそりと借りて読んでみたり、大学院生の姿を観察するために、実際に大学に足を運んだりしました。それでも演じていて『おれ、何言ってんだ?』って感じでしたが、相理という役は教科書を丸暗記したぐらいの感じがちょうどいいのかな、と思います。現場では開き直って思い切りやりましたし、空いている時間にはいつも、谷村さんとセリフ合わせをしていました」と明かした。この日は、残念ながら市原さんと谷村さんは欠席したが、この主演2人について黄川田さんは「市原くんは真面目で、芝居に対して真っ直ぐな男。一緒にいて勉強になりましたし、刺激を受けて『負けられない!』という気持ちがわいてきました。この気持ちは劇中の2人の関係にもマッチしていて、うまく現れていると思います。谷村さんは、撮影中に食事に出るときでも、自分の方から『一緒に行きましょうよ』と声をかけてくれたりしました。一緒にいると『お兄ちゃん、がんばっちゃおうかな!』って気持ちになりました(笑)」と語った。

三池監督は、映画を鑑賞したばかりの観客を前にちょっぴり居心地が悪そう。「上映前なら、好き勝手なことを偉そうに言って、映画が始まったら逃げればいいんだけど、観た後じゃ、そうはいかないから…」と意外にも(?)繊細な一面を見せた。

そんな三池監督に製作前から「汚いモノ作ったらコロスゾ!」と脅しをかけていたとされる(三池監督談)角川プロデューサー。「5年くらい前からこの作品について考えてました。三池の作品はバイオレンスが多くて、観終わって、肩をがっくり落としてしまうようなものが多かったのですが(笑)、この作品はそうしたくない。それで、撮影に入る前からどんどんプレッシャーかけていきました」と独特の口調で説明した。

ASUKAさんはこの日、主題歌「神様のパズル」(エイベックス・エンタテインメントより発売中/1,050円<税込>)を熱唱、客席からは大きな拍手がわき起こった。「最初にこの曲をいただいたときに、『これはすごいことになる』と感じました。『どう歌えばいいのか?』と悩みましたが、ありのままの自分を伝えよう、という気持ちになりました」と語ってくれた。

こうして舞台挨拶終了! と思いきや、なおもとどまるところを知らぬマシンガントークを繰り広げる角川プロデューサー。曰く「この映画のキャッチコピーで『絶望に効くクスリ』というのがあったけど、“クスリ”という言葉はやめてほしい(笑)」。さらには、本作のプロモーションの一環として、先日市原さんとともに体験した、無重力体験についても「僕は獄中体験はあっても無重力体験は初めて」など自虐ネタで畳みかける。三池監督を槍玉に上げ「この映画がヒットしようがしまいが、僕は続編を作る気などない。でも三池は『クローズ ZERO』のパート2を作っちゃう。これが2人の差だね」とも。この角川さんの発言に、随所で絶妙なツッコミを入れる三池監督。一緒に仕事をするのが初めてとは思えない2人のやり取りに、会場からは大きな笑いが起こった。

『神様のパズル』は6月7日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top